Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

hdlset_param

モデルまたはブロック レベルの HDL に関連するパラメーターの設定

説明

hdlset_param(path,Name,Value) は、path で参照されるブロックまたはモデルの HDL に関連するパラメーターを設定します。設定するパラメーターとそれらの値は、1 つ以上の Name,Value の引数で指定します。Name1,Value1,…,NameN,ValueN のように、複数の名前と値の引数を任意の順番で指定できます。

複数ブロックの HDL ブロック プロパティ

この例は、sfir_fixed モデルを使用してサブシステム内のブロックのグループを検索する方法と、各ブロックに同じ出力パイプラインの深さを指定する方法を示しています。

open sfir_fixed;
prodblocks = find_system("sfir_fixed/symmetric_fir", "BlockType", "Product");
for ii=1:length(prodblocks), hdlset_param(prodblocks{ii}, "OutputPipeline", 2), end;

入力引数

すべて折りたたむ

hdlset_param で 1 つ以上のパラメーターの値を設定するモデル、ブロック、またはサブシステムへのパス。

例: "modelname/subsysA/blockName"

名前と値の引数

オプションの引数ペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN で指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数より後に配置する必要がありますが、ペアの順序は重要ではありません。

例: hdlset_param("sfir_fixed", TargetLanguage = "Verilog")

R2021a より前では、名前と値をそれぞれコンマを使って区切りName を引用符で囲みます。

例: hdlset_param("sfir_fixed", "TargetLanguage", "Verilog")

Name は、次のいずれかを指定する string スカラーまたは文字ベクトル。

  • モデルレベルの HDL に関連するプロパティ。モデルレベルのプロパティの一覧とそれらのデータ型および既定値については、プロパティのアルファベット順のリストを参照してください。

  • 実装名や実装パラメーターなどの HDL ブロック プロパティ。ブロック実装パラメーターの一覧については、HDL ブロック プロパティ: 一般を参照してください。

Value は、Name,Value 引数の対応するプロパティに適用する値です。プロパティの値はプロパティによって異なります。

ヒント

  • 同じモデルやブロックで複数のパラメーターを設定する場合には、複数の hdlset_param コマンドではなく、複数の引数のペアをもつ 1 つの hdlset_param コマンドを使用してください。呼び出しを 1 回にするとパラメーターの評価が 1 回で済むため、この手法の方が効率的です。

  • 複数のブロックの HDL ブロック パラメーターを設定する場合は、関数 find_system を使用して目的のブロックを検索します。次に、ループを使用してブロックを反復処理し、hdlset_param を呼び出してパラメーターを設定します。

バージョン履歴

R2010b で導入