Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プログラムのワークフロー

コード生成、構成、およびエンドツーエンドのワークフロー用の HDL ワークフロー スクリプトの使用のためのコマンド ライン関数

コマンド ラインで、関数 makehdl を使用して、Simulink® モデル向けの HDL コードを生成できます。生成されたコードをターゲット FPGA デバイスに展開する場合は、HDL ワークフロー アドバイザーを使用できます。ワークフロー設定をスクリプトにエクスポートして、ワークフローをコマンド ラインで実行できます。詳細については、スクリプトを使用した HDL ワークフローの実行を参照してください。

クラス

hdlcoder.WorkflowConfigConfigure HDL code generation and deployment workflows

関数

すべて展開する

makehdlGenerate HDL RTL code from model, subsystem, or model reference
makehdltbGenerate HDL test bench from model or subsystem
hdladvisorHDL ワークフロー アドバイザーの表示
hdlcoder.runWorkflowHDL コードの生成と展開のワークフローを実行
exportGenerate MATLAB script that recreates the workflow configuration
setAllTasksEnable all tasks in workflow
clearAllTasksワークフローのすべてのタスクを無効化
validateCheck property values in HDL Workflow CLI configuration object
hdlsetupHDL コード生成用のモデル パラメーターの設定
hdlsetuptoolpathFPGA 合成ソフトウェアにアクセスするためのシステム環境の設定
hdlset_paramモデルまたはブロック レベルの HDL に関連するパラメーターの設定
hdlget_param指定されたブロックの指定された HDL ブロックレベル パラメーターの値を返す
hdlsaveparamsSave nondefault block- and model-level HDL parameters
hdlrestoreparamsRestore block- and model-level HDL parameters to model
hdldispmdlparamsDisplay HDL model parameters with nondefault values
hdldispblkparamsDisplay HDL block parameters with nondefault values
hdlcleanupHDL コード生成の状態をすべてクリア
genhdltdbGenerate timing databases for specified target device, device speed grade, and synthesis tool

トピック

コマンド ライン インターフェイスの使用

HDL ワークフロー スクリプトの使用

HDL ブロック プロパティ