Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

HDL インポート

関数 importhdl を使用して HDL コードを Simulink® モデリング環境にインポート

"HDL インポート" を使用して、合成可能な HDL コードを Simulink モデリング環境にインポートします。関数 importhdl を実行すると、HDL インポートは、入力 HDL ファイルを解析し、Simulink モデルを生成します。モデルを生成する場合、出力に直接影響しない未接続のコンポーネントは削除されます。モデルは、機能や動作の観点から HDL コードを視覚的に表します。モデルをコンパイルして実行し、HDL コードの機能を検証できます。

HDL インポートを使用したラウンドトリップ コードの生成は推奨されません。HDL Coder™ ソフトウェアを使用して Simulink モデルから以前に生成された HDL コードをインポートする場合は HDL インポートを使用しないでください。作成する Simulink モデルは通常、抽象化レベルが高くなります。HDL インポートで生成されるモデルは抽象化レベルが低くなる可能性があります。このモデルから生成した HDL コードは、量産コードに使用できない場合があります。

量産 HDL コードを生成するには、Simulink ブロック、MATLAB® コード、または Stateflow® グラフを使用してアルゴリズムを開発します。次に、HDL Coder を使用してコードを生成します。

関数

importhdlImport Verilog code and generate Simulink model

トピック

Verilog コードのインポートと Simulink モデルの生成

Verilog HDL インポートの概要と、HDL コードをインポートして Simulink モデルを生成する方法。

HDL インポートでサポートされている Verilog 構造

モデルベース デザイン環境にインポートできる、サポートされている HDL 構造。

HDL インポートを使用した Verilog データフロー モデリング

モデルベース デザイン環境に HDL コードをインポートするときに使用可能な、サポートされる HDL データフロー パターン。

注目の例