Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ネイティブ浮動小数点

HDL Coder のネイティブ浮動小数点の概要、サポートされる各種機能、設計のモデル化、HDL コードの生成、および生成されたコードの検証方法

HDL Coder™ のネイティブ浮動小数点テクノロジーによって、浮動小数点設計から HDL コードを生成できます。主な機能のいくつかを以下に示します。

  • 任意の FPGA または ASIC に展開可能な、ターゲットに依存しない HDL コードの生成

  • 非正規数、例外、丸めモードを含む IEEE-754 の全機能のサポート

  • Math ブロックおよび Trigonometric ブロックの広範なサポート

浮動小数点設計では、固定小数点設計に比べて、精度が向上し、ダイナミック レンジが高くなり、開発サイクルが短縮されます。設計に複雑な算術演算および三角関数演算がある場合は、ネイティブ浮動小数点テクノロジーを使用します。

関数

createFloatingPointTargetConfigCreate floating-point target configuration for floating-point library that you specify

ブロック

すべて展開する

Float TypecastTypecast a floating-point type to an unsigned integer or vice versa
HDL ReciprocalCalculate reciprocal with Newton-Raphson approximation method

トピック

HDL Coder のネイティブ浮動小数点サポート入門

HDL Coder でのネイティブ浮動小数点のサポートとサポートされるさまざまな機能の概要。

ネイティブ浮動小数点を使用したターゲットに依存しない HDL コードの生成

浮動小数点 Simulink® モデルから HDL コードを生成する方法。

ネイティブ浮動小数点から生成されたコードの検証

浮動小数点モデルから生成されたコードを HDL テストベンチ、コシミュレーションおよび FPGA インザループを使用して検証する方法。

ネイティブ浮動小数点での数値の考慮事項

ネイティブ浮動小数点および IEEE-754 準拠でコードを生成する場合の数値の考慮事項。

ネイティブ浮動小数点演算の ULP の考慮事項

ULP の考慮事項、ネイティブ浮動小数点演算の ULP 値、および IEEE-754 コンプライアンスへの準拠。

ネイティブ浮動小数点のレイテンシに関する考慮事項

浮動小数点演算子のレイテンシを確認する方法と、レイテンシをカスタマイズするさまざまな方法を学びます。

ネイティブ浮動小数点でサポートされる Simulink ブロック

浮動小数点モデルでの演算子とサポートされるブロックのリスト。

浮動小数点演算子のレイテンシ値

ネイティブ浮動小数点モードでサポートされる演算のレイテンシ値。

合成実行なしのクリティカル パスの推定

サードパーティ製の合成ツールを使用しないで、設計内での推定クリティカル パスを検出します。

HDL ブロック プロパティ: ネイティブ浮動小数点

ネイティブ浮動小数点の特定のブロック実装でサポートされている HDL コード生成パラメーター

トラブルシューティング

浮動小数点演算への十分な遅延の割り当て

浮動小数点演算での遅延割り当て問題に関するエラー メッセージで示された内容の原因および考えられる解決策。

レート差の大きいマルチレート設計ための生成された HDL コードの最適化

レート差の大きいマルチレート モデルにおける HDL コード生成の問題の原因と可能な解決法

注目の例