Main Content

ネイティブ浮動小数点を使用してサポートされる Simulink ブロック

HDL Coder™ のネイティブ浮動小数点によって、ターゲットに依存しない HDL コードを浮動小数点設計から生成できます。汎用 FPGA または ASIC で浮動小数点設計を合成できます。浮動小数点設計では、固定小数点設計に比べて、精度が向上し、ダイナミック レンジが高くなり、開発サイクルが短縮されます。設計に複雑な算術演算および三角関数演算がある場合は、ネイティブ浮動小数点テクノロジーを使用します。

HDL Coder では、Math ブロックと Trigonometric ブロックを含むいくつかの Simulink® ブロックをネイティブ浮動小数点テクノロジーを使用してサポートしています。

HDL Floating Point Operations ライブラリ

[HDL Floating Point Operations] ライブラリでは、データ型が singledouble のブロックが HDL Coder の Native Floating Point モードでサポートされます。Discrete-Time IntegratorDiscrete PID Controller などの特定のブロックには、ゼロ レイテンシ手法を使用します。これらのブロックには特有のフィードバック ループがあり、レイテンシ手法に値以外を使用するとコード ジェネレーターで遅延が割り当てられないことがあります。詳細については、浮動小数点演算への十分な遅延の割り当てを参照してください。

half 型を使用する場合、次のブロックは Native Floating Point モードでサポートされます。

Math Operations ライブラリでサポートされる Simulink ブロック

Math Operations ライブラリでは、次のブロックが HDL コード生成でサポートされます。

ブロック名half データ型のサポートsingle データ型のサポートdouble データ型のサポート 複素数データのサポート注意
Absいいえはいはいはい該当なし
Addはいはいはいはい該当なし
Assignmentいいえはいはいはい該当なし
Biasいいえはいはいはい該当なし
Complex to Real-Imagいいえはいはいはい該当なし
Divideはいはいはいいいえ該当なし
Dot Productいいえはいはいいいえ該当なし
Gainはいはいはいはい該当なし
MinMaxいいえはいはいいいえ該当なし
Productはいはいはいはい[乗算] ブロック パラメーターを [行列 (*)] に設定して行列の乗算を実行するようにブロックを設定する場合、[DotProductStrategy][Fully Parallel] に設定しなければなりません。
Product of Elementsはいはいはいはい該当なし
Real-Imag to Complexいいえはいはいいいえ該当なし
Reciprocal Sqrtいいえはいはいいいえ該当なし
Reshapeはいはいはいはい該当なし
Sqrtいいえはいはいいいえ該当なし
Subtractはいはいはいはい該当なし
Sumはいはいはいはい該当なし
Sum of Elementsはいはいはいはい該当なし
Trigonometric Functionいいえはいいいえいいえ該当なし
Unary Minusはいはいはいはい該当なし
Vector Concatenate, Matrix Concatenateはいはいはいはい該当なし

Math Function ブロックでサポートされる関数

Math Function ブロックでは、次の関数が HDL コード生成でサポートされます。

数学関数浮動小数点データ型のサポート複素数データのサポート
halfsingledouble
exp いいえはいいいえいいえ
log いいえはいはいいいえ
10^u いいえはいいいえいいえ
log10 いいえはいいいえいいえ
magnitude^2 いいえはいはいはい
square いいえはいいいえはい
pow いいえはいいいえいいえ
conj いいえはいいいえはい
reciprocal はいはいはいいいえ
hypot いいえはいいいえいいえ
rem いいえはいいいえいいえ
mod いいえはいいいえいいえ
transpose はいはいはいはい
hermitian いいえはいいいえはい

他のライブラリでサポートされる Simulink ブロック

次の表に、他の [HDL Coder] ブロック ライブラリでサポートされる HDL コード生成のブロックのリストを示します。

ブロック ライブラリhalf データ型のサポートsingle データ型のサポートdouble データ型のサポート

Discrete

サポートされるブロックには、同期ブロック、Integer DelayTapped Delay などの遅延ブロックのセットが含まれます。

以下のブロックがサポートされます。

  • Zero Order Hold

  • 同期ブロック、Integer DelayTapped Delay などの遅延ブロックのセット。

以下のブロックがサポートされます。

  • Zero Order Hold

  • 同期ブロック、Integer DelayTapped Delay などの遅延ブロックのセット。

HDL Operations

このライブラリのブロックはサポートされません。

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

HDL RAMs

このライブラリのブロックはサポートされません。

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

HDL Subsystems

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

Logic and Bit Operations

以下のブロックがサポートされます。

  • Compare to Constant

  • Relational Operator

  • Detect Change

  • Detect Increase

  • Detect Decrease

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

Lookup Tables

このライブラリのブロックはサポートされません。

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

Model Verification

このライブラリのブロックはサポートされません。

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

Model-Wide Utilities

このライブラリのブロックはサポートされません。

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

Ports & Subsystems

イネーブル端子、リセット端子、入力端子、出力端子、モデル参照、およびサブシステム ブロックがサポートされます。

イネーブル端子、リセット端子、入力端子、出力端子、モデル参照、およびサブシステム ブロックがサポートされます。

イネーブル端子、リセット端子、入力端子、出力端子、モデル参照、およびサブシステム ブロックがサポートされます。

Signal Attributes

以下のブロックがサポートされます。

  • Data Type Conversion

  • Data Type Duplicate

  • Rate Transition

  • Signal Specification

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

Signal Routing

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

Sources

InportConstant、および Ground の各ブロックがサポートされます。

InportConstant、および Ground の各ブロックがサポートされます。

InportConstant、および Ground の各ブロックがサポートされます。

Sinks

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

すべてのブロックがサポートされます。

User-Defined Functions

MATLAB Function ブロックがサポートされます。

MATLAB Function ブロックがサポートされます。

MATLAB Function ブロックがサポートされます。

Simulink ブロックの制限

ネイティブ浮動小数点モードでは、コード ジェネレーターは以下のブロックまたはブロック アーキテクチャをサポートしません。

  • Biquad Filter

  • 浮動小数点型である制御端子への入力をもつ Switch ブロック。

  • 複素数入力の型をもつ Sum of Elements

  • MATLAB System ブロック。

  • [Architecture][Tree] または [Linear] に設定された複雑なモードの Dot Product

  • [Architecture][Fully Parallel] 以外に設定された Discrete FIR Filter

  • Dead Zone および Dead Zone Dynamic

  • Polar to Cartesian

  • Data Type Conversion ブロックの場合:

    • [等価な値をもつ入力と出力] 設定で [整数格納 (SI)] モードがサポートされない。

    • [整数オーバーフローで飽和] チェック ボックスをオフのままにしなければならない。

参考

モデリング ガイドライン

関数

関連する例

詳細