ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Real-Imag to Complex

実数の入力および虚数の入力を、複素数値の信号に変換

  • ライブラリ:
  • Simulink / Math Operations

    HDL Coder / Math Operations

説明

Real-Imag to Complex ブロックは、実数の入力および虚数の入力を複素数値の出力信号に変換します。

入力は、双方とも等しいサイズをもつ配列 (ベクトルあるいは行列) である場合もあれば、1 つの入力が配列であり、もう 1 つがスカラーであることもあります。ブロックが配列の入力をもつ場合、出力は同じサイズの複素数配列です。実数入力の要素は、対応する複素数出力の要素の実数部に写像されます。虚数入力は、複素数出力信号の虚数部に同様に写像されます。1 つの入力がスカラーの場合、すべての複素数出力信号の対応する成分 (実数または虚数) に写像されます。

端子

入力

すべて展開する

複素数値の出力信号に変換される実数値。スカラー、ベクトル、または行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point | bus

複素数値の出力信号に変換される虚数値。スカラー、ベクトル、または行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point | bus

複素数出力信号に変換する実数部または虚数部。有限のスカラー、ベクトル、または行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point | bus

出力

すべて展開する

複素信号。実数値と虚数値から形成されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

パラメーター

すべて展開する

入力のタイプ (実数入力、虚数入力、またはこれらの両方) を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Input
型: 文字ベクトル
値: 'Real and imag' | 'Real' | 'Imag'
既定の設定: 'Real and imag'

入力を複素数値の出力信号に変換する際に使用する虚数値を指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[入力][実数] に設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ConstantPart
型: 文字ベクトル
値: 虚数値
既定の設定: '0'

入力を複素数値の出力信号に変換する際に使用する一定の実数値を指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[入力][虚数部] に設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ConstantPart
型: 文字ベクトル
値: 有限で実数値のスカラー、ベクトル、または行列
既定の設定: '0'

サンプル時間を -1 以外の値で指定します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

依存関係

このパラメーターは、明示的に -1 以外の値に設定されていない限り表示されません。詳細は、サンプル時間が推奨されないブロックを参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
型: 文字ベクトル
値: スカラー
既定の設定: '-1'

ブロックの特性

データ型

double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入