ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Complex to Magnitude-Angle

複素数信号の大きさと位相角の計算

  • ライブラリ:
  • Simulink / Math Operations

説明

Complex to Magnitude-Angle ブロックは、[出力] パラメーターの設定に応じて、入力信号の大きさや位相角を出力します。出力は入力と同じデータ型の実数値です。複素数信号の配列を入力として使用でき、その場合は出力信号も配列になります。Magnitude 信号配列は、対応する複素数入力要素の大きさを含みます。同様に、Angle 出力は入力要素の角度を含みます。

端子

入力

すべて展開する

ブロックが大きさや位相角を計算して出力する複素入力信号。

データ型: single | double

出力

すべて展開する

入力信号の大きさや位相角である出力信号。出力を選択するには、[出力] パラメーターを設定します。

データ型: single | double

パラメーター

すべて展開する

出力が入力信号のラジアン単位の大きさや位相角であるかどうかを指定します。

コマンド ライン情報

パラメーター: Output
型: 文字ベクトル
値: 'Magnitude and angle' | 'Magnitude' | 'Angle'
既定の設定: 'Magnitude and angle'

サンプル時間を -1 以外の値で指定します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

依存関係

このパラメーターは、明示的に -1 以外の値に設定されていない限り表示されません。詳細は、サンプル時間が推奨されないブロックを参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
型: 文字ベクトル
値: スカラー
既定の設定: '-1'

ブロックの特性

データ型

double | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入