Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル アドバイザー/HDL コード アドバイザーでの HDL Coder チェックの概要

モデル アドバイザーまたは HDL コード アドバイザーでの [HDL Coder] のチェックでは、HDL コード生成との互換性について Simulink® モデルまたはサブシステムを検証および更新します。このチェックを実行することで、最適ではない条件や設定をリストしたレポートが生成され、より優れたモデル コンフィギュレーション設定が提案されます。

参照項目:

左ペインにはさまざまなチェックを実施するフォルダーが表示されます。

  • モデル コンフィギュレーションのチェック: HDL コード生成との互換性に関してモデルを準備します。このフォルダーには、モデルのパラメーターが HDL 互換か、設計に代数ループが含まれているかなどについて確認するチェックが含まれています。

  • 端子とサブシステムのチェック: モデル内の端子とサブシステムが HDL コード生成と互換性のある設定になっているか確認します。このチェックには、有効な最上位レベルの DUT サブシステムがあるかどうか、Enabled Subsystem ブロックおよび Triggered Subsystem ブロックの初期条件が指定されているかどうかについての確認が含まれます。

  • ブロックおよびブロック設定をチェック: モデル内のブロックが HDL コード生成をサポートしているか、そのブロックが HDL 互換の設定であるかを確認します。このチェックには、モデル内のソース ブロックに連続サンプル時間が含まれているかどうか、Stateflow® チャートおよび MATLAB Function ブロックが HDL 互換の設定であるかどうかなどの確認が含まれています。

  • ネイティブ浮動小数点のチェック: ブロックが Native Floating Point モードの HDL コード生成と互換性があるか確認します。このチェックには、Simulink モデル内のブロックが Native Floating Point での HDL コード生成をサポートしているかどうか、モデルが single データ型を使用しているかどうかなどの確認が含まれています。HDL Coder™ のネイティブ浮動小数点サポートによって、単精度浮動小数点モデルからターゲットに依存しない HDL コードが生成されます。詳細については、ネイティブ浮動小数点を使用したターゲットに依存しない HDL コードの生成を参照してください。

  • 業界標準チェック: Simulink モデルが業界標準ルールに準拠しているかどうかを確認します。業界標準ルールは特定の HDL コーディング ガイドラインを使用することを推奨しています。コードを生成するときに、HDL Coder は、生成されたコードが業界標準のガイドラインにどの程度従っているかを示す HDL コーディング標準レポートを表示します。詳細については、HDL コーディング標準を参照してください。

個々のチェックの詳細については、そのチェックを右クリックして [これはなに?] を選択してください。

HDL コード アドバイザー チェックも参照してください。