Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの保護

サードパーティと共有するための、シミュレーションおよびコード生成の保護モデルの作成

保護モデルは、基礎となる実装の詳細を隠すモデル参照を提供します。モデル保護プロセスでは、モデルをコンパイルして派生したアーティファクトをパッケージ化し、機密 IP を含まずにモデル機能をサポートします。保護モデルを作成し内容を隠して HDL コードを生成するを参照してください。

関数

すべて展開する

Simulink.ModelReference.protectObscure referenced model contents to hide intellectual property
Simulink.ModelReference.modifyProtectedModelModify existing protected model
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForModifyAdd or provide password for modifying protected model
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForSimulationAdd or provide encryption password for simulation of protected model
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForHDLCodeGenerationAdd or provide encryption password for HDL code generation from protected model
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForViewAdd or provide encryption password for read-only view of protected model
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.clearPasswordsClear cached passwords for protected models
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.clearPasswordsForModelClear cached passwords for a protected model
Simulink.ProtectedModel.openOpen protected model

トピック

保護モデルを作成し内容を隠して HDL コードを生成する

サードパーティに知的所有権を開示せずにモデルを共有する場合は、モデルを保護してください。

保護モデルのテスト

元のモデルとの比較により保護モデルをテストします。

保護モデルのパッケージ化と共有

保護モデル パッケージに含めるファイル。