ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Unit System Configuration

  • ライブラリ:
  • Simulink / Ports & Subsystems

説明

Unit System Configuration ブロックでは、コンポーネントに対する許可される単位系と許可されない単位系を指定します。サブシステムまたは最上位モデルとそのすべての子の単位系は、子の別の Unit System Configuration ブロックでオーバーライドしない限り制限されます。

このブロックは、ノーマル モード、アクセラレータ モードおよびラピッド アクセラレータ モードと高速リスタートをサポートします。

パラメーター

すべて展開する

許可されていない単位系のリストを表示します。既定では、[すべての単位系を許可] チェック ボックスがオンになっていて、すべての単位系が許可されます。

単位系を許可されていない単位系として指定するには、[許可された単位系] 列で単位系を選択し、[<< 不許可] をクリックします。

依存関係

このパラメーターの変更を有効にするには、最初に [すべての単位系を許可] チェック ボックスをオフにしなければなりません。

許可された単位系のリストを表示します。既定では、[すべての単位系を許可] チェック ボックスがオンになっていて、すべての単位系が許可されます。

許可されている単位系として単位系を指定するには、[許可 >>] および [<< 不許可] ボタンをクリックし、単位系を [許可されていない単位系] および [許可された単位系] 列の間で移動させます。

依存関係

このパラメーターの変更を有効にするには、最初に [すべての単位系を許可] チェック ボックスをオフにしなければなりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: UnitSystems
型: 文字ベクトルの cell 配列
値: 次の文字ベクトルの cell 配列: 'SI' | 'English' | 'SI (extended)' | 'CGS'
既定の設定: {'SI', 'English', 'SI (extended)', 'CGS'}

このチェック ボックスをオンにすると、すべての単位系が許可されます。許可される単位系を [許可された単位系] 列に指定される単位系のみに制限するには、このチェック ボックスをオフにします。

依存関係

[すべての単位系を許可] チェック ボックスをオンにすると、[許可されていない単位系] パラメーターと [許可された単位系] パラメーターが無効になります。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: AllowAllUnitSystems
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2016a で導入