Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

高速リスタートによる反復的なシミュレーションの改善

Simulink® の従来のワークフローでは、モデルのシミュレーションの実行時に Simulink で次の処理が行われます。

  1. モデルをコンパイルする

  2. モデルのシミュレーションを実行する

  3. シミュレーションを終了する

モデルを開発するときは、一般にシミュレーションを繰り返しながら設計を進めていくことになります。たとえば、特定の応答が得られるように入力の値やブロックのパラメーターを調整する場合があります。それらの値やパラメーターを変更しても、次のシミュレーションの実行前に必ずしもモデルのコンパイルが必要になるとは限りません。しかし、従来のワークフローでは、変更によってモデルの構造が変わらない場合でも、シミュレーションを実行するたびにモデルがコンパイルされます。そのため、コンパイルのたびに処理に時間がかかり、全体のシミュレーション時間が長くなります。

高速リスタートでは、1 回ごとにモデルをコンパイルしたりシミュレーションを終了したりせずに、シミュレーションを繰り返し実行することができます。高速リスタートを使用すれば、モデルのコンパイルは 1 回だけで済みます。その後、ルート入力端子の値、モデルの初期状態の値、From Workspace ブロック データを変更し、パラメーターやルート入力を調整し、再コンパイルなしでモデルのシミュレーションを再度実行できます。高速リスタートでは、複数のシミュレーション フェーズを 1 つのコンパイル フェーズに関連付けることで、反復的なシミュレーションの効率を高めます。

高速リスタートは、モデルの構造を変更する必要がないワークフローで使用します。高速リスタートが特に役立つワークフローとしては、次のような場合が挙げられます。

  • モデルで入力やパラメーターを毎回変えてシミュレーションを複数回実行する必要がある場合

  • モデルのコンパイルに数秒以上かかる場合

高速リスタートはノーマル モードとアクセラレータ モードのシミュレーションで使用できます。高速リスタートをアクセラレータ モードで使用すると、シミュレーション時間が短縮され、コンパイルの実行が 1 回だけで済むようになります。

制限

高速リスタートでのシミュレーションには以下の制限があります。

  • 高速リスタートは以下のモードをサポートしません。

    • ラピッド アクセラレータ

    • エクスターナル

  • モデルが再初期化された状態のときは、以下を行うことができません。

    • 構造を変更する。

    • サンプル時間などの調整不可能なパラメーターを変更する。

    • モデルへの変更を保存する。モデルへの変更を保存するには、高速リスタートをオフにしなければなりません。

  • ModelOperatingPoint オブジェクトをサポートしないブロックがモデルに含まれている場合は、そのモデル内で高速リスタートをオンにすることはできません。以下のブロックが含まれます。

    • レガシ (R2016a 以前) SimEvents® ブロック

    • Simscape™ Multibody™ First Generation のブロック

    • System object を含む MATLAB® 関数ブロック

    • モデルの操作点 get メソッドおよび set メソッドを実装していないが Pwork ベクトルが宣言されている S-Function

    • From Multimedia File

    • To Multimedia File

    • From Audio Device

    • To Audio Device

    • Multipath Rician Fading Channel

    • Multipath Rayleigh Fading Channel

    • Derepeat

    • DC Blocker

    • Stack

    • Queue

    • Read Binary File

    • Write Binary File

    • Video Viewer

    • Frame Rate Display

    • Video From Workspace

    • Video To Workspace

  • シミュレーション間で、高速リスタートはバス プロパティなどの設計データへの変更を処理しません。

  • パラメーターの調整可能性の制限が適用されます。その他のモデル化の目的に関する調整可能性の考慮事項と制限を参照してください。

  • 固定小数点ツールでは、モデルが高速リスタートでシミュレートされているときのサポートが限られています。シミュレーション範高速リスタート囲と派生範囲を収集してデータ型を推奨するには、高速リスタートを終了しなければなりません。

  • 高速リスタートがオンの場合、Variant Subsystem またはバリアント モデルが使用するバリアントを変更できません。これは、非アクティブのサブシステムは最初のシミュレーションでコンパイルされないためです。

  • 同じ参照モデルに対して複数のモデル参照がある場合、モデルが再初期化された状態のときにモデルの可視性を変更することはできません。

  • 高速リスタートは、以下のツールと互換性がありません。

    • Simulink プロファイラー

    • Simulink デバッガー

  • 高速リスタートでモデルをシミュレートするときは、モデル アドバイザーを使用したチェックを実行することはできません。

  • 高速リスタートを有効にすると、コマンドで使用する構文に関係なく、sim コマンドは単出力の Simulink.SimulationOutput 形式のみをサポートします。

  • 高速リスタートを有効にすると、調整不可のパラメーターを引数として sim に渡すことはできません。

関連する例

詳細