Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

getSimulationJobs

クラスターからすべての Simulink.Simulation.Job オブジェクトを取得する

説明

jobs = getSimulationJobs(myCluster) は、クラスター myCluster 上で batchsim を実行することによって作成されたジョブに対応する Simulink.Simulation.Job オブジェクトの配列を返します。

すべて折りたたむ

この例は、クラスターに投入された batchsim ジョブにアクセスする方法を示します。myClusterSimulink.Simulation.Job オブジェクトが実行されている parallel.Cluster オブジェクトであると仮定します。

jobs = getSimulationJobs(myCluster)
 1×2 Job array:

        ID           Type        State              FinishDateTime  Username
     -----------------------------------------------------------------------
   1     3           pool       queued                              #######
   2     4           pool       queued                              #######

出力は、クラスター myCluster 上のすべての Simulink.Simulation.Job オブジェクトを表示します。

入力引数

すべて折りたたむ

並列クラスター計算リソースを表すクラスター オブジェクト。

出力引数

すべて折りたたむ

batchsim コマンドを実行することによって投入された Simulink.Simulation.Job オブジェクトの配列

参考

関数

クラス

トピック

R2018b で導入