ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バッチ処理

関数の実行をオフロードしてバックグラウンドで実行する

バッチ ジョブを使用して長時間の計算の実行をバックグラウンドにオフロードします。バッチ ジョブでは、MATLAB® をクライアントで閉じることができ、クライアントはバッチ ジョブが別のコンピューターまたはクラスターに送信されるとシャットダウンできます。バッチ ジョブの処理中に他のタスクを実行することができます。バッチ ジョブが特に適しているのは、計算クラスターで作業する場合です。バッチ処理の詳細とジョブ制御の詳細については、以下の節とバッチ処理のチュートリアルを参照してください。