Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シンプルなバッチ処理

クラスターまたはデスクトップ バックグラウンドで実行されるよう、関数またはスクリプトの実行をオフロードする

MATLAB® セッションで対話形式で作業する場合は、作業を MATLAB ワーカー セッションにオフロードし、バッチ ジョブとして実行できます。このジョブを実行するコマンドは非同期的です。つまり、クライアントの MATLAB セッションは停止されず、MATLAB ワーカーがコードの評価を行っている間も対話型セッションを続行できます。また、バッチ ジョブ用にワーカーのプールを作成することもできます。ワーカーはクライアントと同じマシン、または MATLAB Parallel Server™ を使用している場合にはリモート クラスター マシンで実行できます。

関数

すべて展開する

batchワーカー上で MATLAB スクリプトまたは関数を実行する
diaryバッチ ジョブのコマンド ウィンドウ テキストを表示または保存する
loadバッチ ジョブからワークスペース変数を読み込む
waitジョブの状態が変わるまで待機
deleteクラスターおよびメモリからジョブまたはタスク オブジェクトを削除する

例および操作のヒント

バッチ並列ジョブの実行

batch を使用して、MATLAB セッションの負荷をオフロードしてバックグラウンドで実行する。

バッチ ジョブの実行とワーカーからのファイルへのアクセス

関数をバッチ ジョブおよび制御オプションとして実行する (ワーカーからのファイルへのアクセスなど)。

ワーカーとのコードの共有

データとコードをワーカーとの間で受け渡す方法を調べる。

ワーカー上の乱数ストリームの制御

並列計算において、乱数発生関数 randrandi および randn の動作は MATLAB クライアントと異なります。

クラスターへの深層学習バッチジョブの投入

この例では、学習中に MATLAB での作業の続行または MATLAB の終了ができるように、深層学習の学習バッチジョブをクラスターに送信する方法を説明します。

概念

ジョブ モニター

ジョブ モニターを使用したジョブの管理

注目の例