Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バッチ ジョブの実行とワーカーからのファイルへのアクセス

batch を使用して、計算をオフロードしバックグラウンドで実行することができます。コードでファイルへのアクセスが必要な場合は、'AttachedFiles''AdditionalPaths' などの追加オプションを使用して、データをアクセス可能にできます。計算の実行中に MATLAB での作業を終了または続行し、結果を後で復元することができます。

例の準備

サポート関数 prepareSupportingFiles を使用して、この例に必要なデータを現在の作業フォルダーにコピーします。

prepareSupportingFiles;

これで、現在の作業フォルダーには、A.datB1.datB2.datB3.dat の 4 つのファイルが含まれています。

バッチ ジョブの実行

parclusterを使用してクラスター オブジェクトを作成します。既定で、parcluster は既定のクラスター プロファイルを使用します。既定のクラスター プロファイルは、MATLAB の [ホーム] タブの [環境] セクションの [並列][既定のクラスターの選択] で確認します。

c = parcluster();

関数内にコードを配置し、batchを使用してバッチ ジョブとして投入します。カスタム関数の例については、サポート関数 divideData を参照してください。必要な出力引数の数と、cell 配列を、関数の入力で指定します。

batch を使用してスクリプト ファイルを送信すると、MATLAB はスクリプトで使用しない場合でも、すべてのワークスペース変数をクラスターに転送します。ワークスペースが大きい場合、これはデータ転送時間に悪影響を及ぼします。ベスト プラクティスとして、スクリプトを関数ファイルに変換することにより、この通信オーバーヘッドを回避します。これを行うには、スクリプトの冒頭に関数の行を単純に追加します。この例では、オーバーヘッドを削減するために divideData がこのライブ スクリプト外のファイルで定義されています。

コードで並列プールが使用されている場合、名前と値のペアの引数 'Pool' を使用して、指定した数のワーカーがある並列プールを作成します。batch は追加のワーカーを使用して関数自体を実行します。

既定では、batch はワーカーの初期作業フォルダーを、MATLAB クライアントの現在のフォルダーに変更します。これは、ワーカーの初期作業フォルダーの制御に便利な場合があります。たとえば、クラスターの使用しているファイルシステムが異なり (Windows クライアント マシンから Linux クラスターに送信する場合など)、そのためにパスが異なる場合、この制御が必要となることがあります。

  • ワーカーの初期作業フォルダーを保持し、既定の設定を使用する場合は、'CurrentFolder''.' に設定します。

  • 初期作業フォルダーを変更するには、'CurrentFolder' を目的のフォルダーに設定します。

この例では、3 つのワーカーがある並列プールを使用して、初期作業フォルダーの一時的な場所を選択しています。batch を使用して、divideData 内の計算をオフロードします。

job = batch(c,@divideData,1,{}, ...
    'Pool',3, ...
    'CurrentFolder',tempdir);

batch は並列ワーカー上で divideData を実行するため、計算の実行中も MATLAB での作業を続行できます。

ジョブが完了するまで MATLAB をブロックする場合は、ジョブ オブジェクトに対して関数 wait を使用します。

wait(job);

結果を取得するには、ジョブ オブジェクトに対して fetchOutputs を使用します。divideData はワーカーが検出できないファイルに依存しているため、fetchOutputs はエラーをスローします。エラー情報にアクセスするには、ジョブの Task オブジェクトの Error プロパティに対して getReport を使用します。この例では、コードはワーカーが検出できないファイルに依存しています。

getReport(job.Tasks(1).Error)
ans = 
    'Error using divideData (line 4)
     Unable to read file 'B2.dat'. No such file or directory.'

ワーカーからのファイルへのアクセス

既定では、batch は自動的にコードを解析して必要なファイルをワーカーに転送します。場合によっては、これらのファイルを明示的に転送しなければなりません。たとえば、実行時にファイル名を決定する場合などです。

この例では、divideData はサポート ファイル A.dat にアクセスします。batch はこのファイルを自動的に検出および転送します。この関数は B1.dat にもアクセスしますが、ファイル名は実行時に解決されるため、依存関係の自動解析ではこのファイルは検出されません。

type divideData.m 
function X = divideData()
    A = load("A.dat"); 
    X = zeros(flip(size(A)));
    parfor i = 1:3
        B = load("B" + i + ".dat");
        X = X + A\B;
    end
end

ワーカーがアクセスできる場所にデータが存在する場合、名前と値のペアの引数 'AdditionalPaths' を使用してその場所を指定できます。'AdditionalPaths' によりこのパスがワーカーの MATLAB 検索パスに追加され、ワーカーがデータを認識できるようになります。

pathToData = pwd;
job(2) = batch(c,@divideData,1,{}, ...
    'Pool',3, ...
    'CurrentFolder',tempdir, ...
    'AdditionalPaths',pathToData);
wait(job(2));

ワーカーがアクセスできない場所にデータが存在する場合、名前と値のペアの引数 'AttachedFiles' を使用してファイルをワーカーに転送することができます。クライアントとワーカーが同じファイル システムを共有していない場合や、クラスターで汎用スケジューラ インターフェイスが非共有モードで使用されている場合は、ファイルを転送する必要があります。詳細については、汎用スケジューラ インターフェイスを使用した構成 (MATLAB Parallel Server)を参照してください。

filenames = "B" + string(1:3) + ".dat";
job(3) = batch(c,@divideData,1,{}, ...
    'Pool',3, ...
    'CurrentFolder',tempdir, ...
    'AttachedFiles',filenames);

既存のジョブの検索

ジョブの投入後に MATLAB を閉じて、結果を後で取得することができます。MATLAB を閉じる前に、ジョブ ID をメモしておいてください。

job3ID = job(3).ID
job3ID = 25

もう一度 MATLAB を開いたときに、関数 findJob を使用してこのジョブを検索できます。

job(3) = findJob(c,'ID',job3ID);
wait(job(3));

あるいは、ジョブ モニターを使用してジョブを追跡することもできます。これを開くには、MATLAB の [ホーム] タブの [環境] セクションで [並列][ジョブの監視] を選択します。

結果の取得とデータのクリーン アップ

バッチ ジョブの結果を取得するには、関数 fetchOutputs を使用します。fetchOutputs は、batch で実行された関数の出力が含まれる cell 配列を返します。

X = fetchOutputs(job(3))
X = 1×1 cell array
    {40×207 double}

必要な出力がすべて取得され、ジョブ オブジェクトがこれ以上必要ではない場合は、ジョブ オブジェクトを削除してデータをクリーン アップし、リソースを不必要に消費しないようにします。

delete(job)
clear job

参考

| | |