Main Content

並列計算の基礎

並列計算の解決策の選択

並列計算は、大規模な計算の問題をさまざまな方法で解決するために役立ちます。MATLAB® と Parallel Computing Toolbox™ は、計算タスクへの取り組みに役立つ対話型のプログラミング環境を提供します。コードの実行速度が遅すぎる場合は、コードをプロファイリングし、ベクトル化して、組み込みの MATLAB 並列計算サポートを使用できます。さらに、並列プールの複数の MATLAB ワーカーで parfor を使用してコードの高速化を試みることもできます。ビッグ データがある場合は、分散配列または datastore を使用してスケール アップできます。また、parfeval を使用して完了を待たずにタスクを実行することが可能なため、他のタスクを続行することができます。デスクトップ コンピューター、GPU、クラスター、クラウドなど、さまざまな種類のハードウェアを使用して並列計算の問題を解決できます。

関数

すべて展開する

parforワーカーで for ループの反復を並列実行
parfeval並列プール ワーカーで関数を実行
gpuArrayGPU に格納される配列
distributedクライアントから分散配列要素にアクセスする
batchワーカー上で MATLAB スクリプトまたは関数を実行する
parpoolクラスターでの並列プールの作成
ticBytes並列プール内で転送されたバイト数のカウントを開始する
tocBytesticBytes の呼び出し後に転送されたバイト数を読み取る

トピック

基礎

詳細