Main Content

distributed

クライアントから分散配列要素にアクセスする

コンストラクター

distributed

一部の MATLAB® 関数を使用して distributed 出力を指定することにより、distributed オブジェクトを作成することもできます。次の表は、distributed オブジェクトを直接作成できる MATLAB 関数の一覧です。詳細については、関数リファレンス ページの「拡張機能」節を参照してください。

eye(___,"distributed")distributed.cell
false(___,"distributed")distibuted.colon
Inf(___,"distributed")distributed.linspace
NaN(___,"distributed")distributed.logspace
ones(___,"distributed")distributed.spalloc
true(___,"distributed")distributed.speye
zeros(___,"distributed")distributed.sprand
rand(___,"distributed")distributed.sprandn
randi(___,"distributed") 
randn(___,"distributed") 

説明

分散配列は、並列プール内のワーカーの間で分割されている配列を表します。分散配列は、要素をインデックス化し操作する方法において通常の MATLAB 配列と似ていますが、その要素はいずれもクライアントに存在していません。

spmd ステートメント内で作成された対話型分散配列には、クライアントからの分散配列としてアクセスできます。

関数 gather を使用して、クライアントのワーク スペースに分散配列を取得します。

メソッド

classUnderlying(Not recommended) Class of elements within gpuArray or distributed array
distributed.cellCreate distributed cell array
distributed.spallocAllocate space for sparse distributed matrix
distributed.speyeCreate distributed sparse identity matrix
distributed.sprandCreate distributed sparse array of uniformly distributed pseudo-random values
distributed.sprandnCreate distributed sparse array of normally distributed pseudo-random values
gatherTransfer distributed array or gpuArray to local workspace
isaUnderlying(Not recommended) True if distributed array's underlying elements are of specified class
isdistributedTrue for distributed array
writeWrite distributed data to an output location

分散配列用のメソッドは多すぎるため、ここには記載しません。大半は MATLAB の組み込み関数に似ており、動作も同じです。分散配列を使用した MATLAB 関数の実行を参照してください。

なお、これらのメソッドのうち、配列自体の特性を調べるためのメソッドがいくつかあります。そのほとんどは同名の MATLAB 関数と同様に動作します。

関数説明
isdistributed配列が分散配列であるかどうかを示す指標
isreal配列要素が実数であるかどうかを示す指標
isUnderlyingType配列内の基となるデータが指定された型であるかどうかの判別
lengthベクトルの長さまたは最大の配列次元
ndims配列における次元の数
size配列次元のサイズ
underlyingType配列の基となるデータのクラス (データ型)

バージョン履歴

R2008a で導入