Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ワーカー上での環境変数の設定

Amazon S3™ アクセスを必要とする計算など、一部の計算ではシステム環境変数が使用されます。Parallel Computing Toolbox™ を使用してワーカーに計算をオフロードすると、クライアントとワーカーが別々のオペレーティング システム環境変数をもつ場合があります。クライアント上で、setenv を使用して環境変数を設定できます。その後、環境変数をクライアントからワーカーにコピーすると、ワーカーではクライアントと同様に計算が実行されます。

クラスター プロファイル用の環境変数の設定

ローカル クラスター以外のクラスター プロファイルはすべて EnvironmentVariables プロパティをもちます。このプロパティを使用して、クライアントからクラスター ワーカーにコピーする環境変数のリストを指定できます。これらの環境変数は、ジョブまたは並列プールの存在期間にわたってワーカーで設定されています。

Screen shot of Cluster Profile Manager. The MyMJSProfile1 cluster profile is selected, and the Workers dialog is open.

クラスター プロファイル マネージャーを使用してクラスター プロファイルを管理します。クラスター プロファイル マネージャーを使用してクラスター プロファイルの EnvironmentVariables プロパティを設定するには、次の手順を使用します。

  1. クラスター プロファイル マネージャーを開きます。クラスター プロファイル マネージャーを開くには、[ホーム] タブの [環境] セクションで、[並列][クラスターの作成と管理] を選択します。

  2. クラスター プロファイル マネージャーの [クラスター プロファイル] リストで、クラスターを選択します。この例では、MyMJSProfile1 クラスターを選択します。

  3. [ワーカー] セクションに移動します。クライアントからクラスター ワーカーにコピーする環境変数の名前を追加します。1 行につき 1 つの名前とし、コンマやその他の区切り記号は使用しないでください。リストにあっても設定されていない変数はワーカーにコピーされません。

  4. [完了] をクリックしてプロファイル設定を保存します。

クラスター プロファイル マネージャーの詳細については、スタートアップ パラメーターのカスタマイズ (MATLAB Parallel Server)を参照してください。

ジョブまたはプール用の環境変数の設定

ジョブまたは並列プールの存在期間にわたって、クライアントからワーカーへ、環境変数をプログラムによってコピーすることもできます。名前は、並列プロファイルで指定された EnvironmentVariables プロパティに追加され、環境変数の完全なリストが生成されます。リストにあっても設定されていない変数はワーカーにコピーされません。

  • createJob または batch を使用してジョブを作成するときに、名前と値のペアの引数 'EnvironmentVariables' を使用して環境変数の名前を指定できます。これらの環境変数は、ジョブの開始時にワーカーで設定されます。ジョブが終了すると、環境変数は以前の値に戻されます。

  • batch を使用して並列プールを作成するときに、名前と値のペアの引数 'EnvironmentVariables' を使用して環境変数の名前を指定できます。これらの環境変数は、並列プールの存在期間にわたってワーカーで設定されています。

参考

| |

関連するトピック