ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

createJob

クラスターに独立ジョブを作成する

構文

obj = createJob(cluster)
obj = createJob(...,'p1',v1,'p2',v2,...)
job = createJob(...,'Profile','profileName',...)

引数

obj

ジョブ オブジェクト

cluster

parcluster によって作成されるクラスター オブジェクト

p1, p2

オブジェクト作成時に構成されるオブジェクト プロパティ

v1, v2

対応するオブジェクト プロパティの初期値

説明

obj = createJob(cluster) は、指定されたクラスターに独立ジョブ オブジェクトを作成します。

ジョブのデータはクラスターの JobStorageLocation プロパティで指定された場所に格納されます。

obj = createJob(...,'p1',v1,'p2',v2,...) は、指定されたプロパティ値をもつジョブ オブジェクトを作成します。作成されたオブジェクトの有効なプロパティのリストは、parallel.Job オブジェクトのリファレンス ページを参照してください。プロパティ名は文字ベクトルでなければならず、その値はそのプロパティに適した型でなければなりません。ほとんどの場合、これらのプロパティと値のペアで指定された値によって、プロファイルの値がオーバーライドされます。ただし、ジョブの作成時に AttachedFiles または AdditionalPaths を指定する場合は、その設定が、適用されるプロファイルで指定されている設定と結合されます。無効なプロパティ名またはプロパティ値が指定された場合、オブジェクトは作成されません。

job = createJob(...,'Profile','profileName',...) は、プロファイル 'profileName' で指定されたプロパティ値をもつ独立ジョブ オブジェクトを作成します。プロファイルが指定されず、クラスターの 'Profile' プロパティに値が指定されている場合は、自動的にクラスターのプロファイルが適用されます。プロファイルの定義と適用についての詳細は、クラスターの検出とクラスター プロファイルの使用を参照してください。

例2 基本的なジョブの作成と実行

既定のプロファイルを使用して独立ジョブ オブジェクトを作成します。

c = parcluster
j = createJob(c);

ジョブにタスクを追加します。

for i = 1:10
    createTask(j,@rand,1,{10});
end

ジョブを実行します。

submit(j);

ジョブの実行完了を待ち、ジョブの結果を取得します。

wait(j);
out = fetchOutputs(j);

3 番目のタスクから返された乱数行列を表示します。

disp(out{3});

ジョブを削除します。

delete(j);
例3 付加ファイルを伴うジョブの作成

既定のプロファイルで指定されたファイルの他に付加のファイルを加えて、独立ジョブを作成します。

c = parcluster
j = createJob(c,'AttachedFiles',...
        {'myapp/folderA','myapp/folderB','myapp/file1.m'});

R2006a より前に導入