Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

parallel.Job

ジョブのプロパティおよび動作にアクセスする

コンストラクター

createCommunicatingJob, createJob, findJob, recreate

getCurrentJob (MATLAB ワーカーのワークスペース内)

コンテナー階層

parallel.Cluster

parallel.Task

説明

parallel.Job オブジェクトは、ユーザーが作成、定義、実行用に投入したジョブへのアクセスを提供します。

タイプ

以下の表では、使用可能なジョブ オブジェクトのタイプについて説明します。ジョブ タイプはクラスターのタイプと、タスクが実行中に相互の通信を必要とするかどうかによって決まります。

ジョブ タイプ説明
parallel.job.MJSIndependentJobMATLAB® ジョブ スケジューラ クラスター上の独立タスクからなるジョブ
parallel.job.MJSCommunicatingJobMATLAB ジョブ スケジューラ クラスター上の通信タスクからなるジョブ
parallel.job.CJSIndependentJobCJS クラスター上の独立タスクからなるジョブ
parallel.job.CJSCommunicatingJobCJS クラスター上の通信タスクからなるジョブ

メソッド

全ジョブ タイプ共通

以下のメソッドはすべてのジョブ オブジェクト タイプに共通です。

cancelCancel job or task
createTaskCreate new task in job
deleteRemove job or task object from cluster and memory
fetchOutputsRetrieve output arguments from all tasks in job
findTaskTask objects belonging to job object
loadLoad workspace variables from batch job
recreateCreate new job from existing job
submitQueue job in scheduler

CJS ジョブ

CJS ジョブには、共通メソッドに加えて、次のメソッドがあります。

getTaskSchedulerIDsジョブ内のタスクのスケジューラ ID

プロパティ

全ジョブ タイプ共通

以下のプロパティはすべてのジョブ オブジェクト タイプに共通です。

プロパティ説明
AdditionalPathsワーカーの MATLAB 検索パスに追加するフォルダー (文字ベクトル、string、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列として指定)
AttachedFilesワーカーに送信されるファイルおよびフォルダー (文字ベクトル、string、string 配列、または文字ベクトルの cell 配列として指定)
AutoAddClientPathクライアントのパスにユーザーが追加したエントリを各ワーカーのパスに自動的に追加するかどうかの指定
AutoAttachFiles依存コード ファイルを自動的にワーカーに送信するかどうかを指定
CreateDateTimeジョブの作成日時
EnvironmentVariablesワーカーに送信される環境変数の名前
FinishDateTimeジョブの実行完了日時
IDジョブの数値識別子
JobDataすべてのワーカーがジョブのタスクで使用できる情報
Nameジョブの名前
Parentこのジョブが含まれているクラスター オブジェクト
RunningDurationジョブの現在の継続時間。duration オブジェクトとして指定します。
StartDateTimeジョブの実行開始日時
Stateジョブの状態: 'pending''queued''running''finished' または 'failed'
SubmitDateTimeジョブのキュー投入日時
Tagジョブに関連付けられているラベル
Tasksジョブに含まれるタスク オブジェクトからなる配列
Typeジョブ タイプ: 'independent''pool' または 'spmd'
UserDataジョブ オブジェクトに関連付けられている情報
Usernameジョブの所有者であるユーザーの名前

計算をワーカーにオフロードするとき、クライアント上での計算に必要なファイルもすべてワーカー上で使用可能でなければなりません。既定では、クライアントはそのようなファイルを自動的に検出して追加しようとします。自動検出をオフにするには、AutoAttachFiles プロパティを false に設定します。自動検出ですべてのファイルを検出できない場合や、クライアントからワーカーへのファイルの送信速度が遅い場合は、以下のプロパティを使用します。

  • ワーカー上でアクセスできないフォルダーにファイルが含まれている場合は、AttachedFiles プロパティを設定します。クラスターによって、指定した各ファイルがクライアントからワーカーへコピーされます。

  • ワーカー上でアクセスできるフォルダーにファイルが含まれている場合は、代わりに AdditionalPaths プロパティを設定できます。AdditionalPaths プロパティを使用して各ワーカーの MATLAB 検索パスにパスを追加することで、クライアントからワーカーへ不必要にファイルがコピーされることを回避します。

MATLAB ジョブ スケジューラのジョブ

MATLAB ジョブ スケジューラの独立ジョブ オブジェクトと MATLAB ジョブ スケジューラの通信ジョブ オブジェクトには、共通のプロパティに加えて以下のプロパティがあります。

プロパティ説明
AuthorizedUsersジョブへのアクセスを承認されたユーザー
FinishedFcnこのジョブが完了するとクライアントで実行されるコールバック関数
NumWorkersRangeジョブを実行するワーカー数の上下限
QueuedFcnこのジョブがキューに投入されるとクライアントで実行されるコールバック関数
RestartWorkerワーカーがこのジョブの最初のタスクを評価する前に再起動される場合は true
RunningFcnこのジョブが実行を開始するとクライアントで実行されるコールバック関数
Timeoutジョブを完了するための制限時間 (秒単位)

CJS ジョブ

CJS 独立ジョブ オブジェクトには、すべてのジョブ タイプに共通のプロパティ以外にプロパティはありません。

CJS 通信ジョブ オブジェクトには、共通のプロパティに加えて以下のプロパティがあります。

プロパティ説明
NumWorkersRangeジョブを実行するワーカー数の上下限

ヘルプ

特定の種類の parallel.Job オブジェクトのヘルプ (各プロパティのヘルプへのリンク一覧など) を表示するには、「help parallel.job.<job-type>」と入力します。以下に例を示します。

help parallel.job.MJSIndependentJob

バージョン履歴

R2012a で導入