ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ジョブおよびタスクの作成

ジョブを作成し、そのタスクを定義する

関数

すべて展開する

parclusterクラスター オブジェクトを作成する
batchワーカー上で MATLAB スクリプトまたは関数を実行する
createJobクラスターに独立ジョブを作成する
createCommunicatingJobクラスターに通信ジョブを作成する
recreate既存のジョブから新規ジョブを作成する
createTaskジョブに新しいタスクを作成する
parallel.defaultClusterProfile既定のクラスター プロファイル調べる、または設定する
parallel.importProfileファイルからクラスター プロファイルをインポートする
poolStartup並列プールの起動時に各ワーカーで実行されるユーザー定義オプションのファイル
jobStartupジョブ起動時に実行するユーザー定義オプションのファイル
taskStartupタスクの起動時にワーカーで実行されるユーザー定義オプション
taskFinishタスクの完了時にワーカーで実行されるユーザー定義オプション
pctconfigParallel Computing Toolbox クライアント セッションの設定を構成する
mpiLibConfMPI 実装の場所
mpiSettingsMPI 通信のオプションを構成する

クラス

すべて展開する

parallel.Clusterクラスターのプロパティおよび動作にアクセスする
parallel.Future並列プール ワーカーまたは MATLAB クライアントでの関数の実行を要求
parallel.Jobジョブのプロパティおよび動作にアクセスする
parallel.Taskタスクのプロパティおよび動作にアクセスする

例および操作のヒント

ローカル クラスターでのジョブのプログラム

ジョブを手動で作成して実行する。

独立ジョブのプログラム

独立ジョブ内のタスクは相互に直接通信せず、独立しています。

通信ジョブのプログラム

独立ジョブと通信ジョブの違いを理解する

ワーカーとのコードの共有

データとコードをワーカーとの間で受け渡す方法を調べる。

MATLAB ジョブ スケジューラのジョブとタスクへのコールバックの適用

MATLAB® ジョブ スケジューラには、MATLAB ジョブ スケジューラ クラスターのジョブやタスクが特定の状態に変化するたびにクライアント セッションでコールバックをトリガーする機能があります。

概念

並列計算製品でのジョブ実行の仕組み

ジョブのライフ サイクルを確認する。

プログラミングのヒント

洗練されたプログラミング プラクティスのための有用なヒントを示す

ジョブ モニター

ジョブ モニターを使用したジョブの管理

ワーカー上の乱数ストリームの制御

並列計算において、乱数発生関数 randrandi および randn の動作は MATLAB クライアントと異なります。