Main Content

mpiLibConf

MPI 実装の場所

構文

[primaryLib,extras] = mpiLibConf

引数

primaryLib

通信ジョブによって使用される MPI 実装ライブラリ

extras

他の必要なライブラリ名からなる cell 配列

説明

[primaryLib,extras] = mpiLibConf は通信ジョブで使用される MPI 実装ライブラリを返します。primaryLib は MPI エントリ ポイントが含まれている共有ライブラリ ファイルの名前です。extras は MPI ライブラリで必要とされる他のライブラリ名からなる cell 配列です。

代替の MPI 実装を提供するには、mpiLibConf.m というファイルを作成し、MATLAB® パス上に配置します。推奨される場所は matlabroot/toolbox/parallel/user です。mpiLibConf.m ファイルは、クラスター ワーカーのパスにおいて matlabroot/toolbox/parallel/mpi より上位になければなりません (この目的で mpiLibConf.m をファイルの依存関係として送信しても機能しません)。mpiLibConf.m ファイルを配置したら、MATLAB で次のコマンドを使用してツールボックス パス キャッシュを更新します。

rehash toolboxcache

関数 mpiLibConf を使用して、現在の MPI 実装ライブラリを表示します。

mpiLibConf
mpich2.dll

ヒント

どのような環境でも、MPI ライブラリではすべての MPI-1 関数をサポートしなければなりません。また、MPI-2 標準の 4.2 節で定義されている MPI_Init の null 引数もサポートしなければなりません。さらに、MPICH2 と完全な互換性をもつ mpi.h ヘッダー ファイルも使用しなければなりません。

MPI ライブラリは、MATLAB ジョブ スケジューラまたはローカル クラスターと併用する場合、以下の追加の MPI-2 関数をサポートしなければなりません。

  • MPI_Open_port

  • MPI_Comm_accept

  • MPI_Comm_connect

MPI ライブラリをサードパーティ製スケジューラと併用する場合には、その MPI ライブラリに対応する mpiexec のバージョンを使用してワーカーを起動することが大切です。また、mpiexec を呼び出す前に、対応するプロセス管理デーモンをクラスターで起動しておくことが必要となる場合があります。

バージョン履歴

R2006a より前に導入