ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rehash

関数やファイル システムのパス キャッシュを初期化

説明

rehash は、matlabroot に存在しない検索パス上のフォルダーについて、既知のファイルとクラスの MATLAB® リストを更新します。ディスク上のタイムスタンプと読み込まれた関数のタイムスタンプを比較します。ディスク上のファイルが新しい場合、読み込まれた関数を消去します。これらすべては、MATLAB がコマンド ウィンドウ プロンプトを表示する度に起こります。別のプログラム ファイルを更新するプログラム ファイルを実行するときのみ、引数なしの rehash を使用し、呼び出しファイルの実行が終了する前に、2 番目のファイルの更新したバージョンを使用する必要があります。

rehash path は、rehash と同じ更新を実行しますが、matlabroot にない検索パス上のすべてのフォルダーの既知のファイルおよびクラスのリストが無条件に更新されます。MATLAB がフォルダーが変更されたかどうかを判別できず、MATLAB がプログラム ファイルの最新バージョンを使用しなかったために問題が発生したことを知らせる警告を MATLAB の起動時に受け取った場合にのみ、rehash path を実行します。

rehash toolbox は、rehash path と同じ更新を実行しますが、matlabroot のファイルおよびクラスを含む、検索パス上の "すべて" のフォルダーの既知ファイルおよびクラスのリストを更新します。セッション中に matlabroot でファイルを変更、追加、または削除した場合、rehash toolbox を実行します。通常は、matlabroot 内のファイルおよびフォルダーを変更しないでください。

rehash toolboxcache は、rehash toolbox と同じように更新し、キャッシュ ファイルも更新します。これは、[一般設定] ダイアログ ボックスの [ツールボックス パス キャッシュの更新] ボタンをクリックすることと同じです。

R2006a より前に導入