ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addpath

検索パスにフォルダーを追加

説明

addpath(folderName1,...,folderNameN) は、指定されたフォルダーを現在の MATLAB® セッションにおける検索パスの最上部に追加します。

addpath(folderName1,...,folderNameN,position) は、指定されたフォルダーを、position の指定に従って検索パスの最上部または最下部に追加します。

さらに、addpath(___,'-frozen') は、追加されるフォルダーについてのフォルダー変更検出を無効にします。あるフォルダーについてフォルダー変更検出が無効の場合、MATLAB は MATLAB 外部からそのフォルダーに行った変更を検出しません。

この構文は、前述の構文にある任意の引数を指定して使用します。'-frozen' および position は、いずれの順序でも指定できます。

さらに、oldpath = addpath(___) は、指定されたフォルダーを追加する前にパスを返します。

すべて折りたたむ

フォルダーを作成し、検索パスの最上部に追加して、将来の MATLAB® セッションのためにその検索パスを保存します。

mkdir('matlab/myfiles')   
addpath('matlab/myfiles')  
savepath matlab/myfiles/pathdef.m

フォルダー matlab/myfiles を作成し、それを検索パスの最下部に追加します。

mkdir('matlab/myfiles')
addpath('matlab/myfiles','-end')

matlab/myfiles およびそのサブフォルダーを検索パスに追加します。

フォルダー matlab/myfiles を作成し、addpath 内で genpath を呼び出して、matlab/myfiles のすべてのサブフォルダーを検索パスに追加します。

mkdir('matlab/myfiles')
addpath(genpath('matlab/myfiles'))

フォルダー matlab/myfiles を作成します。その後、そのフォルダーを検索パスの最上部に追加し、フォルダー変更通知を無効にして、そのフォルダーを追加する前の検索パスを返します。

mkdir('matlab/myfiles')
oldpath = addpath('matlab/myfiles','-frozen');

フォルダー変更通知の無効化は MATLAB® Online™ でサポートされていません。

入力引数

すべて折りたたむ

検索パスに追加するフォルダーの名前。1 つ以上の文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。各フォルダーには、絶対パス名を使用します。addpath をもつ genpath を使用して、folderName のすべてのサブフォルダーを追加します。

例: 'c:\matlab\work'

例: '/home/user/matlab'

例: '/home/user/matlab','/home/user/matlab/test'

MATLAB は、'.'、'..'、およびターゲットの場所へのシンボリック リンクを含むすべてのパス名を解決してから、パスに追加します。これにより、MATLAB パスの各エントリが一意のフォルダー位置を必ず表すようになります。たとえば、c:\matlab\..\work を指定した場合、MATLAB はフォルダー c:\work をパスに追加します。

データ型: char | string

検索パス上の位置。以下のいずれかとして指定します。

position の値

説明

'-begin'

指定されたフォルダーを検索パスの最上部に追加します。

'-end'

指定されたフォルダーを検索パスの最下部に追加します。

出力引数

すべて折りたたむ

フォルダーを追加する前のパス。文字ベクトルとして返されます。

ヒント

  • 新規に変更した検索パスを将来の MATLAB セッション用に保存するには、関数 savepath を使用します。

  • 起動時に検索パスをプログラムで変更するには、startup.m ファイルで addpath ステートメントを使用します。詳細については、起動時に MATLAB 検索パスをフォルダーに追加するを参照してください。

アルゴリズム

ローカル関数内で addpath を使用したことによって行われるパス変更は、プログラムの制御が関数から戻された後も有効です。つまり、パス変更のスコープはグローバルです。

R2006a より前に導入