最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

起動時に MATLAB 検索パスをフォルダーに追加する

起動時に MATLAB® 検索パスにフォルダーを追加する方法は 2 つあります。startup.m ファイルを使用するか、または環境変数 MATLABPATH を設定することができます。

startup.m ファイルの使用

startup.m ファイルは起動時のオプションを指定するものです。addpath ステートメントを startup.m ファイルに含めることで、フォルダーを検索パスに追加できます。たとえば、指定したフォルダー /home/username/mytools を起動時に検索パスに追加するには、次のステートメントを startup.m に含めます。

addpath /home/username/mytools

addpath ステートメントを使用した startup.m ファイルの作成の詳細については、MATLAB 起動ファイルでの起動オプションの指定を参照してください。

環境変数 MATLABPATH の設定

環境変数 MATLABPATH を設定して起動時にフォルダーを検索パスに追加することもできます。

Windows

Windows® で環境変数 MATLABPATH を設定するには、Windows の [コントロール パネル][システム] を開き、[システムの詳細設定] を選択します。[環境変数] ボタンをクリックします。[新規] または [編集] をクリックして、環境変数 MATLABPATH を作成または編集します。表示されるダイアログ ボックスで、変数名を MATLABPATH に設定し、変数の値を、検索パスに追加するフォルダーのセミコロン区切りのリストに設定します。たとえば、c:\matlab_files\myfolder1c:\matlab_files\myfolder2 の 2 つのフォルダーを環境変数 MATLABPATH に追加するには、変数の値として「c:\matlab_files\myfolder1;c:\matlab_files\myfolder2」と入力します。[OK] をクリックして変数を設定し、ダイアログ ボックスを終了します。MATLAB を再起動して新しい設定を有効にします。

環境変数をコマンド ウィンドウから設定するには、コマンド set MATLABPATH=folders を実行します。ここで、folders はセミコロン区切りのフォルダーのリストです。たとえば、c:\matlab_files\myfolder1c:\matlab_files\myfolder2 の 2 つのフォルダーを環境変数 MATLABPATH に追加するとします。次のコマンドを実行します。

set MATLABPATH=c:\matlab_files\myfolder1;c:\matlab_files\myfolder2

環境変数を設定したら、同じコマンド ウィンドウから MATLAB を起動して設定を有効にしなければなりません。環境変数はコマンド ウィンドウが開いている間のみ有効です。

UNIX および Mac

UNIX® および Mac で環境変数 MATLABPATH を設定するには、ターミナルでコマンド export MATLABPATH=folders を実行します。ここで、folders はコロン区切りのフォルダーのリストです。

たとえば、UNIX プラットフォームで /home/j/Documents/MATLAB/mine/home/j/Documents/MATLAB/research の 2 つのフォルダーを環境変数 MATLABPATH に追加するとします。次のコマンドを実行します。

export MATLABPATH=/home/j/Documents/MATLAB/mine:/home/j/Documents/MATLAB/research

環境変数を設定したら、同じシェルから MATLAB を起動して設定を有効にしなければなりません。環境変数はシェルが開いている間のみ有効です。

メモ

C シェル (csh または tcsh) を使用している場合、環境変数 MATLABPATH を設定するコマンドは setenv MATLABPATH folders です。

将来のすべての MATLAB セッションでフォルダーを追加するには、環境変数 MATLABPATH をシェル構成スクリプトの一部として設定します。

関連するトピック