Main Content

検索パス上のフォルダーの変更

現在のセッションおよび今後のセッション用に、プログラムおよび対話形式でフォルダーを追加または削除したり、検索パス上の MATLAB® フォルダーの順序を変更したりできます。検索パス上の複数のフォルダーに同じ名前のファイルが存在する場合、MATLAB は検索パスの最上位に一番近いフォルダーのファイルを使用します。

プログラムによる検索パス上のフォルダーの追加と削除

関数 addpath を使用して、1 つ以上のフォルダーをパスにプログラムで追加できます。この例では、フォルダーを検索パスの最上位に追加しています。他のオプションについては、addpath を参照してください。

addpath("c:\matlab\MyFolder")

関数 rmpath を使用して、1 つ以上のフォルダーをパスから削除できます。

rmpath("c:\matlab\MyFolder")

検索パスに対する変更をすべての MATLAB セッション用に保存するには、関数 savepath を使用します。この関数は、[パスの設定] ダイアログ ボックス、現在のフォルダー ブラウザー、または MATLAB エディターから対話形式で行った変更も保存します。

MATLAB Online™ でのパスの変更は自動的に保存されます。そのため、savepath の呼び出しは必要ありません。

対話形式による検索パス上のフォルダーの変更

対話形式で検索パスに変更を加えるには、[パスの設定] ダイアログ ボックスを使用します。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで、[パスの設定] をクリックします。[パスの設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

    あるいは、このダイアログ ボックスに関数pathtoolを使用してアクセスすることもできます。

    Set Path dialog box showing several MATLAB search paths

  2. [フォルダーを追加] ボタンまたは [サブフォルダーも追加] ボタンを使用して、MATLAB 検索パスに新しいフォルダーを追加します。

  3. [下に移動] ボタンと [上に移動] ボタンを使用して、検索パス上のファイルの順序を変更します。検索パスの上位のフォルダーに格納されているファイルの方が下位のフォルダーのファイルよりも優先されます。詳細については、関数の優先順位を参照してください。

  4. 検索パスの変更を適用またはキャンセルするには、次の手順に従います。

    • 変更された検索パスを現在のセッションでのみ使用するには、[閉じる] をクリックします。

    • 変更した新しい検索パスを現在のセッションと今後のセッションで再使用するには、[保存] をクリックしてから [閉じる] をクリックします。

    • 変更を取り消すには、[元に戻す] をクリックしてから [閉じる] をクリックします。

    • 既定の検索パスを復元するには、[既定の設定] をクリックしてから [閉じる] をクリックします。既定の検索パスには MathWorks® により提供されるフォルダーのみが含まれています。

メモ

次回 MATLAB を起動したときに、MATLAB (userpath) フォルダーは自動的に検索パスの先頭に移動します。userpath フォルダーの詳細については、検索パス上の userpath フォルダーを参照してください。

現在のフォルダー ブラウザーを使用したフォルダーの変更

現在のフォルダー ブラウザーから、検索パス上のフォルダーの追加と削除が可能です。パス上にないフォルダーは透明な表示になり、パス上にあるフォルダーはソリッドな表示になります。

  1. 現在のフォルダー ブラウザーから、追加または削除するフォルダーを右クリックします。複数のフォルダーを選択して右クリックすることもできます。

  2. コンテキスト メニューから、[パスに追加] または [パスから削除] を選択してオプションを選択します。

    • 選択フォルダー

    • 選択フォルダーとサブフォルダー

Context menu that appears when you right-click a folder in the Current Folder browser

この方法を使用した検索パスに対する変更は、今後の MATLAB セッションでは保持されません。これらの変更を保存するには、savepath を使用します。

MATLAB エディターを使用した検索パス上のフォルダーの変更

MATLAB エディターでも、スクリプトを含むフォルダーを検索パスに追加したり検索パスから削除したりできます。ドキュメントのタブを右クリックした後、検索パスに対してフォルダーを追加または削除するオプションを選択します。

Context menu that appears when you right click a tab in the Editor.

この方法を使用した検索パスに対する変更は、今後の MATLAB セッションでは保持されません。これらの変更を保存するには、savepath を使用します。

参考

| |

関連するトピック