最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pathsep

現在のプラットフォームの検索パスの区切り文字

説明

c = pathsep は、現在のプラットフォームの検索パスの区切り文字を返します。検索パスの区切り文字は、関数 path によって返される pathdef.m ファイル内のパス名を区切る文字です。Windows® では、この文字はセミコロン (;) です。UNIX® では、この文字はコロン (:) です。検索パス ファイルのコンテンツをプログラミング形式で操作するには、関数 pathsep を使用します。

すべて折りたたむ

genpathregexp および pathsep と併用し、パス名内の個別のフォルダーのリストを取得します。

サブフォルダー mysubfolder を含むフォルダー myfolder を作成します。

mkdir myfolder;
cd myfolder;
mkdir mysubfolder;
cd ..

myfolder とその下のすべてのフォルダーを含むパス名を生成します。

p = genpath('myfolder')
p = 
'myfolder:myfolder/mysubfolder:'

関数 regexp を使用して、パスを個別のフォルダーに分離します。

s = regexp(p, pathsep, 'split')
s = 1x3 cell array
    {'myfolder'}    {'myfolder/mysubf...'}    {0x0 char}

R2006a より前に導入