Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fileparts

ファイル名の一部の取得

説明

[filepath,name,ext] = fileparts(filename) は、指定されたファイルのパス名、ファイル名、および拡張子を返します。

fileparts は、指定した filename のみを解析します。ファイルが存在するかどうかは検証しません。

すべて折りたたむ

file = 'H:\user4\matlab\myfile.txt';
[filepath,name,ext] = fileparts(file)
filepath = 
'H:\user4\matlab'
name = 
'myfile'
ext = 
'.txt'

Linux® システムのユーザー ファイル .cshrc のファイル名の一部を取得します。

fileparts は、ファイル名がピリオドで始まっているため、ファイル名全体を拡張子として解釈します。

[filepath,name,ext] = fileparts('/home/jsmith/.cshrc')
filepath = 
'/home/jsmith'
name =

  1x0 empty char array
ext = 
'.cshrc'

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル名。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。filename には、パスとファイル拡張子を含めることができます。

Microsoft® Windows® システムでは、同じファイル名の中でも、スラッシュ (/) またはバックスラッシュ (\) のいずれかをパス区切り記号として使用できます。UNIX® システムと Macintosh システムでは、区切り記号として / のみを使用してください。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

ファイル パス。string スカラーまたは文字ベクトルとして返されます。filepath のデータ型は入力引数 filename と同じです。解析するファイルの名前にパスが指定されていない場合、filepath は空 ('') です。

データ型: char | string

ファイル名。string スカラーまたは文字ベクトルとして返されます。name のデータ型は入力引数 filename と同じです。

拡張子は含まれません。fileparts は右端の区切り記号の後に続くすべての文字を、ファイル名と拡張子として解釈します。

データ型: char | string

ファイル拡張子。string スカラーまたは文字ベクトルとして返されます。ext のデータ型は入力引数 filename と同じです。

ext はピリオド (.) で始まります。解析するファイルの名前に拡張子が指定されていない場合、ext は空 ('') です。

データ型: char | string

ヒント

  • fileparts の出力からファイル名を再構成するには、strcat を使用して、ファイル名とピリオド (.) で始まる拡張子をパスの区切り文字を使用せずに連結します。次に、fullfile を使用して、必要な位置にプラットフォーム依存のファイル区切りを含めてファイル名を作成します。たとえば、fullfile(filepath, strcat(name,ext)) のようになります。

  • フォルダー名のみを指定するには、必ず filename の右端の文字を区切り記号 (/ または \) にします。そうしない場合、fileparts は、filename の末尾部分をファイルの名前として解析し、filepath ではなく name に結果を返します。

R2006a より前に導入