Main Content

parallel.listProfiles

使用可能なクラスター プロファイルのリスト

    説明

    allProfiles = parallel.listProfiles は使用可能なすべてのプロファイルの名前を含む cell 配列を返します。

    [allProfiles, defaultProfile] = parallel.listProfiles は既定のプロファイルの名前も文字ベクトルとして返します。

    出力 allProfile には、ローカル クラスターの 'Processes' というプロファイルと既定のプロファイルが常に含まれます。既定のプロファイルを削除したか未設定の場合、parallel.listProfiles'Processes' を既定のプロファイルとして返します。

    プロファイルは、クラスター オブジェクトで関数 saveProfile または saveAsProfile を使用して作成および変更できます。プロファイルの作成、削除、および変更は、クラスター プロファイル マネージャーを使用して実行できます。クラスター プロファイル マネージャーにアクセスするには、MATLAB® デスクトップの [ホーム] タブの [環境] 領域で [並列] をクリックし、[クラスターの作成と管理] をクリックします。

    すべて折りたたむ

    使用可能なすべてのプロファイルの名前を表示し、そのリストの先頭のプロファイルを既定として設定します。

    allProfiles = parallel.listProfiles
    oldProfile = parallel.defaultProfile(allProfiles{1});

    この例では、使用可能なすべてのプロファイルの名前を表示し、最後のプロファイルのプロパティを確認する方法を示します。

    使用可能なすべてのプロファイルの名前を表示します。

    allNames = parallel.listProfiles
    
    allNames =
    
     1×4 cell array
    
        {'MyCluster'}    {'Processes'}    {'Threads'}    {'WebCluster'}
    

    リストの最後のプロファイル名で識別されるクラスターのプロパティを取得します。

    lastCluster = parcluster(allNames{end})
    lastCluster = 
    
     MJS Cluster
    
        Properties: 
    
                          Name: WebCluster
                       Profile: WebCluster
                      Modified: false
                          Host: host.host.com
                      Username: user1
    
                    NumWorkers: 200
                    NumThreads: 1
                NumBusyWorkers: 72
                NumIdleWorkers: 128
    
            JobStorageLocation: Database on host.host.com
             ClusterMatlabRoot: /data/MATLAB/R2022b
             SupportedReleases: R2022a
                                R2022b
               OperatingSystem: unix
              AllHostAddresses: 000.00.000.000
                 SecurityLevel: 3 
        HasSecureCommunication: true
     RequiresClientCertificate: true
       RequiresOnlineLicensing: true
    
        Associated Jobs: 
    
                Number Pending: 10
                 Number Queued: 0
                Number Running: 12
               Number Finished: 123
    
    

    バージョン履歴

    R2022b で導入