ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

saveProfile

クラスターの変更済みプロパティを現在のプロファイルに保存する

説明

saveProfile(cluster) はクラスター オブジェクトの変更済みプロパティをクラスターの Profile プロパティで指定されたプロファイルに保存し、Modified プロパティを false に設定します。クラスターの Profile プロパティが空の場合は、エラーがスローされます。

クラスターを作成し、1 つのプロパティを変更して、その変更をプロファイルに保存します。

myCluster = parcluster('local')
myCluster = 
 Local Cluster
    Properties: 
                          Profile: local
                         Modified: false
                             Host: HOSTNAME
                       NumWorkers: 4
myCluster.NumWorkers = 3
myCluster = 
 Local Cluster
    Properties: 
                          Profile: local
                         Modified: true
                             Host: HOSTNAME
                       NumWorkers: 3

myCluster.Modified のプロパティは現在 true です。

saveProfile(myCluster);
myCluster    
myCluster = 
 Local Cluster
    Properties: 
                          Profile: local
                         Modified: false
                             Host: HOSTNAME
                       NumWorkers: 3

保存後は、local のプロファイルは現在のプロパティ設定と一致するため、myCluster.Modified プロパティは false になります。

R2012a で導入