ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スタートアップ パラメーターのカスタマイズ

MATLAB® Parallel Server™ スクリプトの実行では、既定のパラメーターがいくつか使用されています。これらのスクリプトは、この節で説明するようにカスタマイズできます。

スクリプトの既定値の定義

サーバー サービスのスクリプトでは、いくつかのパラメーターに対し値が必要です。これらのパラメーターにより、プロセス名、ユーザー名、ログ ファイルの場所、ポートなどが設定されます。いくつかはコマンド ラインでフラグを使用して設定できますが、ユーザー設定が可能なすべてのパラメーターは mjs_def ファイル内にあります。

メモ:

スタートアップ スクリプトのフラグは、mjs_def ファイル内の設定より優先されます。

サーバー サービス スクリプトで使用される既定のパラメーターは、次のファイルで定義されます。

  • matlabroot\toolbox\distcomp\bin\mjs_def.bat (Microsoft® Windows® オペレーティング システム)

  • matlabroot/toolbox/distcomp/bin/mjs_def.sh (Linux® または Macintosh のオペレーティング システム)

既定のパラメーターを設定するには、mjs サービスのインストール前または開始前にこのファイルを編集します。

mjs_def ファイルはコメント付きであり、すべてのパラメーターの説明が含まれています。

メモ:

同じマシンで複数のジョブ マネージャーを実行する場合、それぞれの名前が一意でなければなりません。スタートアップ コマンドでフラグを使用してその名前を指定します。

ユーザーの設定

既定では、ジョブ マネージャーおよびワーカー サービスは、それらを起動したユーザーの権限で実行されます。mjs_def ファイルで次の設定を指定すると、別のユーザーとしてサービスを実行できます。

パラメーター

説明

MJSUSER

mjs サービスを開始したユーザーとは別のユーザーとして mjs サービスを実行するには、このパラメーターを設定します。UNIX® オペレーティング システムでは、サービスの開始前に値を設定します。Windows オペレーティング システムでは、サービスのインストール前に設定します。

MJSPASS

Windows オペレーティング システムで、MJSUSER パラメーターで識別されるユーザーのパスワードを指定するにはこのパラメーターを設定します。これを設定しないと、サービスのインストール時にシステムからパスワードの入力を求められます。

UNIX オペレーティング システムで、MJSUSER を使用するには現在のマシンに sudo ユーティリティがインストールされている必要があり、現在のユーザーが MJSUSER で識別されるユーザーとして、sudo を使用してコマンドを実行できなければなりません。詳細については、sudo および sudoers のユーティリティのシステム ドキュメンテーション (man sudoman sudoers など) を参照してください。

Windows システムでは、MJSUSER に次の権限が付与されます。

権限目的ローカル セキュリティ設定ポリシー
SeServiceLogonRightサービス ログオン タイプを使用してログオンする際に必要。サービスとしてログオン
SeAssignPrimaryTokenPrivilege異なるユーザー アカウントでプロセスを開始する際に必要。プロセス レベル トークンの置換
SeIncreaseQuotaPrivilege異なるユーザー アカウントでプロセスを開始する際に必要。プロセスのメモリ クォータの調整

これらの権限を変更または削除するには、次に従います。

  1. Windows メニューの [スタート][設定][コントロール パネル]を選択します。

  2. [管理ツール][ローカル セキュリティ ポリシー] の順にダブルクリックします。

  3. ツリーで [ローカル ポリシー] を選択してから、右側のペインで [ユーザー権利の割り当て] をダブルクリックします。

上の表は、MJSUSER によって影響を受けるポリシーを示しています。ローカル セキュリティ設定 GUI にリストされているポリシーをダブルクリックして、その設定を変更するか、そのポリシーからユーザーを削除します。

スクリプトの既定値のオーバーライド

代替の既定値ファイルの指定

mjs サービス、ジョブ マネージャーおよびワーカーで使用される既定のパラメーターは、次のファイルで定義されます。

  • matlabroot\toolbox\distcomp\bin\mjs_def.bat (Windows オペレーティング システム)

  • matlabroot/toolbox/distcomp/bin/mjs_def.sh (Linux または Macintosh のオペレーティング システム)

mjs サービスのインストール前および開始前に、このファイルを編集して既定のパラメーターに必要な値を設定できます。

また、このファイルのコピーを作成して変更し、既定のパラメーターとしてそのコピーを使用するように指定することもできます。

Linux または Macintosh のオペレーティング システムでは、次のコマンドを入力します。

mjs start -mjsdef my_mjs_def.sh

Windows オペレーティング システムでは、次のコマンドを入力します。

mjs install -mjsdef my_mjs_def.bat
mjs start -mjsdef my_mjs_def.bat

あるコンピューター上で、サービスに関して既定のファイルではなく新しい mjs_def ファイルを指定しても、他のコンピューター上で mjs サービスが自動的にその新しいファイルを使用することはありません。すべての mjs サービスで同じ代替ファイルを使用する場合、インストールまたは開始の対象の mjs サービスごとにその代替ファイルを指定しなければなりません。

詳細は、スクリプトの既定値の定義を参照してください。

メモ:

スタートアップ スクリプトのフラグは、mjs_def ファイル内の設定より優先されます。

クリーンアップされた状態での起動

ジョブ マネージャーまたはワーカーが起動すると、通常は過去のセッションが再開されます。このため、ジョブ マネージャーのマシンがクラッシュしたりジョブ マネージャーが何らかの理由でシャットダウンしても、ジョブ キューは破棄されたり失われることはありません。すべての履歴を削除してクリーンアップされた状態からジョブ マネージャーまたはワーカーを起動するには、start コマンドで -clean フラグを使用します。

startjobmanager -clean -name MyJobManager
startworker -clean -jobmanager MyJobManager