ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

自動並列サポートを使用した MATLAB 関数の実行

いくつかの MATLAB および Simulink 製品では、追加のコーディング不要で並列計算リソースを活用できる関数および機能が増えています。フラグまたは設定を設定するだけでこのサポートを有効にすることができます。

デスクトップでこの機能を利用するには、Parallel Computing Toolbox が必要です。ローカル ワーカーを使用して計算を並列で実行し、大規模な計算を高速化します。並列計算をコンピューター クラスターなどのより大きなリソースにスケールするには、MATLAB Parallel Server も必要です。

  • 一部の関数は既定で自動的に並列実行されます。たとえば parforparsimtall などです。

  • その他多くの関数は、並列を使用するオプションを設定すると自動的に並列実行されます。

並列が有効な関数を実行すると、MATLAB® は自動的にワーカーの並列プールを開きます。MATLAB は利用可能な複数のワーカーで計算を実行します。

自動並列サポートは既定のクラスター プロファイルを使用してワーカーの並列プールを開始します。並列設定を変更していない場合、既定のプロファイルはローカルです。並列設定を使用して、クラスターへのスケール アップ、プールの自動作成、推奨されるワーカー数などの並列動作を制御します。

自動並列処理のサポートを見つける

  • 関数のページの「拡張機能」で情報を見つけます。

  • 製品別にサポートされる関数を閲覧するには、[関数] タブをクリックして製品を選択し、[自動並列サポート] チェック ボックスをオンにします。選択した製品の関数に自動並列処理サポートがない場合、[自動並列サポート] フィルターは使用できません。

目的の関数が自動並列処理サポートを含んでいない場合は、代替方法があります。

  • GPU がある場合、多くの MATLAB 関数は自動的に GPU で実行されます。GPU での MATLAB 関数の実行を参照してください。

  • for ループ内のすべての MATLAB コードは並列 for ループにすることができます (反復が独立している場合)。parfor を参照してください。

  • 処理を高速化する他の方法、またはビッグ データの計算をスケール アップする方法を探している場合は、並列計算の解決策の選択を参照してください。

関連する例

詳細