ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

並列設定の指定

次の任意の方法で、並列設定にアクセスすることができます。

  • [ホーム] タブの [環境] セクションで、[並列][並列設定] を選択します。

  • デスクトップ プールのインジケーター アイコンを選択し、[並列設定] を選択します。

  • コマンド ウィンドウで「preferences」と入力します。

    preferences

    [設定] ダイアログ ボックスのナビゲーション ツリーで [Parallel Computing Toolbox] を選択します。

以下のように並列設定を制御できます。

  • 既定のクラスター — 使用するクラスターを選択します。既定のクラスターは [local] です。詳細については、クラスター プロファイルの追加と変更を参照してください。

  • 推奨される並列プールでのワーカー数 — 並列プール内のワーカー数を指定します。実際のプール サイズは、ライセンス、クラスター サイズおよびクラスター プロファイルの設定によって制限されます。プール サイズとクラスターの選択を参照してください。ローカル プロファイルの場合は、512 を超える推奨ワーカー数を選択しないでください。クラスター プロファイルの追加と変更も参照してください。[並列][クラスターの検出] メニューでクラウド コンピューティングへのアクセスをチェックします。

  • parfor などの並列キーワードが実行された場合に並列プールを自動的に作成する (まだ存在していない場合) — プールを自動的に開始するには (まだ存在していない場合)、このオプションをオンにします。以下を含む多くの関数が自動的に並列プールを開始できます。

    [parfor などの並列キーワードが実行された場合に並列プールを自動的に作成する (まだ存在していない場合)] を選択した場合、関数 parpool を使用して手動でプールを開く必要はありません。プールが自動的に開いた場合でも、gcp でプール オブジェクトにアクセスすることは可能です。

  • 次の指定時間以降もアイドル状態になっている並列プールをシャットダウンして削除する — 指定された時間、並列プールがアイドル状態である場合に並列プールをシャットダウンするために、IdleTimeout 設定を使用します。プールを使用すると (たとえば、parforparfeval を使って)、タイムアウト カウンターがリセットされます。タイムアウト時間に達する直前にデスクトップ プール インジケーターのツールヒントで警告が表示され、タイマーをリセットできるようになります。

関連する例

詳細