最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Composite

クライアントから複数のワーカーにある非分散変数にアクセスする

コンストラクター

Composite

説明

spmd ステートメントを実行するワーカー上の変数には、クライアントで Composite オブジェクトとしてアクセスできます。Composite は、各ワーカーに対し 1 つの要素をもった cell 配列に似ています。たとえば、Composite C の場合は次のようになります。

C{1} represents value of C on worker1
C{2} represents value of C on worker2
etc.

Composite は spmd ステートメントによって自動的に作成され、ステートメントの完了後にアクセスできるようになります。Composite は関数 Composite を使用して明示的に作成することもできます。

メソッド

existワーカーに Composite オブジェクトが定義されているかどうかをチェックする
subsasgnComposite に対する添字を使用した代入
subsrefComposite の添字付き参照

Composite オブジェクトの他のメソッドは、以下の MATLAB® 配列関数と同じように動作します。

disp, displayComposite を表示する
end最後の Composite インデックスを示す
isemptyComposite が空であるかどうかを判別する
lengthComposite の長さ
ndimsComposite の次元の数
numelComposite の要素数
sizeComposite の次元

R2008b で導入