最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

exist

ワーカーに Composite オブジェクトが定義されているかどうかをチェックする

構文

h = exist(C,labidx)
h = exist(C)

説明

h = exist(C,labidx) は、labindex が labidx であるワーカーについて定義された値が Composite C 内のエントリにある場合、true を返します。そうでない場合は false を返します。labidx が配列である通常の場合、出力 hlabidx と同じサイズの配列になり、h(i) は Composite エントリ labidx(i) に値が定義されているかどうかを示します。

h = exist(C)h = exist(C, 1:length(C)) と等価です。

exist(C,labidx)true を返す場合、それらのワーカー上の C の値がシリアル化可能であれば、C(labidx) はエラーをスローしません。labidx が無効な場合はエラーがスローされます。

ワーカーの乱数に対して変数を定義します。どのワーカーに Composite エントリが定義されているかをチェックし、それらの値をすべて取得します。

 spmd
   if rand() > 0.5
       c = labindex;
   end
 end
 ind = exist(c);
 cvals = c(ind);

参考

R2008b で導入