最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

subsasgn

Composite に対する添字を使用した代入

構文

C(i) = {B}
C(1:end) = {B}
C([i1,i2]) = {B1,B2}
C{i} = B

説明

subsasgn は Composite オブジェクトにリモート値を代入します。この値は、現在の並列プールのワーカーにあります。

C(i) = {B} は、ワーカー i に対し C のエントリを値 B に設定します。

C(1:end) = {B}C の全エントリを値 B に設定します。

C([i1,i2]) = {B1,B2} は、ワーカー i1 および i2 に対し異なる値を代入します。

C{i} = B は、ワーカー i に対し C のエントリを値 B に設定します。

R2008b で導入