ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

end

コードのブロックを終了、または最後の配列インデックスを示す

構文

end

説明

end は、forwhileswitchtryif、および parfor ステートメントを終了させます。end ステートメントを使用していない場合、forwhileswitchtryif、および parfor ステートメントは入力待ちの状態になります。各 end は、最も近くに位置するペアになっていない forwhileswitchtryif、または parfor のいずれかとペアになり、その部分を区別します。

end も関数の終端を示します。これはオプションの場合もありますが、コードの可読性を向上させるには、end を使用します。関数に 1 つまたは複数の入れ子関数が含まれている場合、入れ子になっているかどうかに関係なく、必ず end でファイルのすべての関数を終了させなければなりません。これにはプライマリ関数、入れ子関数、プライベート関数、ローカル関数が含まれます。

スクリプトにローカル関数が含まれる場合は、ファイル内のすべてのローカル関数を end で終了させなければなりません。

関数 end は、インデックス式での最後のインデックスとしても使用できます。そのコンテキストでは、配列 X について k 番目のインデックスの一部として end が使用される場合、size(X,k) と同じです。使用例は、配列の 3 番目の要素から最後の要素までを選択する X(3:end) や、最後の要素を除いて 1 行目のすべての偶数要素を選択する X(1,1:2:end-1) などです。X(end+1)=5 のように、関数 end を使って行列を大きくする場合、まず、X が存在していることを確認してください。

すべて折りたたむ

end を使用して、for ループと if ステートメントを閉じます。

a = [0 0 1 1 0 0 0 1 0];
for k = 1:length(a)
    if a(k) == 0
        a(k) = 2;
    end
end

end を使用して行列 A の最後の行にアクセスします。

A = magic(3)
A = 3×3

     8     1     6
     3     5     7
     4     9     2

B = A(end,1:end)
B = 1×3

     4     9     2

ヒント

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | | | | | |

R2006a より前に導入