Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ループと条件付きステートメント

ifforwhile などのキーワードを使用してフローと分岐を制御する

任意のプログラムにおいて、ループ内で繰り返されるか、条件付きで実行されるコードのセクションを定義できます。ループでは for または while キーワードを使用し、条件付きステートメントでは if または switch を使用します。キーワードを追加すると、プログラム フローをより詳細に制御できます。

MATLAB 言語構文

if, elseif, else条件が true の場合ステートメントを実行
switch, case, otherwiseステートメントのグループのいずれか 1 つを実行
forfor ループを指定した回数で繰り返す
while条件が true の場合に繰り返す while ループ
try, catchステートメントの実行と結果のエラーのキャッチ
breakfor ループまたは while ループの実行を強制終了
return呼び出し元のスクリプトまたは関数に制御を戻す
continuefor または while ループの次の反復へ制御を渡す
pauseMATLAB の実行の一時停止
parfor並列 for ループ
endコードのブロックを終了、または最後の配列インデックスを示す

トピック

条件付きステートメント

実行するコードのブロックを実行時に判別するには、if または switch の条件付きステートメントを使用します。

ループのコントロール ステートメント

コードのブロックを繰り返し実行するには、for ループと while ループを使用します。