ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parfor

並列 for ループ

構文

parfor loopvar = initval:endval; statements; end
parfor (loopvar = initval:endval, M); statements; end

説明

parfor loopvar = initval:endval; statements; end は、一連の MATLAB® ステートメントを、増加する整数値のベクトルを示す、initval および endval 間の loopvar の値で実行します。Parallel Computing Toolbox™ がインストールされている場合、あるいは MATLAB Coder™ で MEX 関数またはスタンドアロン コードを作成する場合、ループは並行に実行されます。従来の for ループとは異なり、反復は保証された順序では実行されません。スクリプトを parfor ループ内で直接呼び出すことはできません。ただし、スクリプトを呼び出す関数を呼び出すことは可能です。

parfor (loopvar = initval:endval, M); statements; end は、最大 M 個のワーカーまたはスレッドを使用してループ内でステートメントを実行します。ここで、M は非負の整数です。

3 個のワーカーまたはコアを Parallel Computing Toolbox ソフトウェアと共に使用して 3 つの大規模な固有値計算を実行します。

parpool(3)
parfor i=1:3, c(:,i) = eig(rand(1000)); end

ヒント

  • Parallel Computing Toolbox ソフトウェアがある場合は、parfor および parpool の関数リファレンス ページを参照してください。

  • MATLAB Coder ソフトウェアがある場合は、parfor の関数リファレンス ページを参照してください。

拡張機能

参考

R2008a で導入