ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

個々のシミュレーションの実行

Simulink® エディターから直接または MATLAB® コマンド プログラムからプログラムにより個々のシミュレーションを個別に実行および制御

モデルをシミュレーションすると、モデル化のプロセスを通じて作成するアルゴリズムの結果が示されます。シミュレーションのペーシング、モデル パラメーターの調整、シミュレーションの停止または一時停止、端子の値の表示によりシミュレーションを操作して、モデルの設計を評価できます。シミュレーションによって、モデルの設計や動作を把握できます。

モデルをシミュレーションするには、Simulink エディターで [実行] ボタンをクリックするか、MATLAB コマンド ウィンドウまたは MATLAB ファイルで simset_param などのシミュレーション コマンドを入力します。

複数のシミュレーションの詳細については、複数のシミュレーションの実行を参照してください。

関数

sim動的システムのシミュレーション
parsim動的システムを並列または逐次で複数回シミュレーションする
set_paramシステムとブロックのパラメーター値の設定
get_paramパラメーターの名前と値の取得
Simulink.BlockDiagram.getInitialStateブロック線図の初期状態データを返す

クラス

Simulink.SimulationInput複数または個々のシミュレーション用にモデルを変更する SimulationInput オブジェクトを作成
Simulink.SimulationOutputシミュレーション結果のオブジェクト値へのアクセス
Simulink.SimulationMetadataシミュレーション実行のメタデータへのアクセス
Simulink.op.ModelOperatingPointシミュレーションの操作点データにアクセス

トピック

基本的なシミュレーションの実行

動的システムのシミュレーションの段階

Simulink ソフトウェアで動的システムをシミュレートする方法を理解する。

シミュレーション モードの選択

シミュレーションのニーズに基づいて、シミュレーションをノーマル モード、アクセラレータ モード、ラピッド アクセラレータ モードで実行することを選択します。

対話によるモデルのシミュレーション

シミュレーションを対話型で開始、中止、停止。

プログラムによるシミュレーションの実行

関数 sim を使用してプログラム内でモデルをシミュレートします。

シミュレーションの操作点の保存と復元

追加のシミュレーションのための完全なシミュレーション スナップショットの保存と復元。

シミュレーションの解析

シミュレーションのペーシング

ペースを指定してシミュレーションを低速化する。

シミュレーションのステップ実行の仕組み

シミュレーションのスナップショット実行の仕組みについて学びます。

シミュレーションのステップ実行に対する条件付きブレークポイントの設定

条件付きブレークポイントを使用してシミュレーションを一時停止する。

デバッグのための端子の値の表示

シミュレーション中に、ブロック線図にブロック出力値を表示します。

操作点の動作

操作点を使用したブロック、S-Function、モデル変更の操作について説明します。

高速リスタートによる対話型シミュレーションの実行

高速リスタートによる反復的なシミュレーションの改善

どのような場合に高速リスタートを使用してシミュレーションを高速化するかを学習する。

高速リスタートのご利用の前に

高速リスタート シミュレーションのための準備としてモデルを構成します。