Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション条件の構成

ソルバーを選択、初期条件を設定、入力データセットを選択、ステップ サイズを設定

Simulink® でモデルを作成したら、モデルに構造的な変更を加えることなく迅速かつ正確にシミュレーションを実行するように構成することができます。

シミュレーションの構成における最初の手順はソルバーの選択です。既定では、Simulink は可変ステップ ソルバーを自動的に選択します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインでは、ソルバー オプションを微調整するか、別のソルバーを選択できます。

場合によっては、シミュレーションの速度が遅くなる、つまり失速することがあります。シミュレーションのボトルネックを特定し、ソルバーのパフォーマンスを改善するための推奨事項を得るには、ソルバー プロファイラーを使用します。

関数

すべて展開する

openDialog[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログを開く
closeDialogコンフィギュレーション パラメーター ダイアログを閉じる
Simulink.BlockDiagram.getAlgebraicLoopsモデル内の代数ループを示す
solverprofiler.profileModel性能解析のためにモデルを調べる

Simulink コンフィギュレーション パラメーター

トピック

Simulink のソルバー

ソルバーの選択

モデルのダイナミクスに基づいて、ソルバーを選択します。

ソルバーの比較

動的システムのシミュレーションは、モデル情報から指定された時間の間、連続タイム ステップで状態量を計算して行われます。

ゼロクロッシング検出

ゼロクロッシング イベントがシミュレーションに与える影響を学習する。

陰的なソルバーに対するヤコビ メソッドの選択

陰的なソルバーに対し、Simulink では "ソルバーのヤコビアン" を計算しなければなりません。

状態情報

状態情報

ブロックが状態情報を使用して、現在のシミュレーション ステップの出力信号値を計算する方法。

状態情報の読み込み

初期状態をインポートし、特定の状態を初期化します。

シミュレーションの操作点の保存と復元

追加のシミュレーションのための完全なシミュレーション スナップショットの保存と復元。

ソルバー プロファイラー

ソルバー プロファイラーを使用したモデル ダイナミクスの確認

ソルバー プロファイラーを使用してモデルのシミュレーションに影響する要因を特定します。

ソルバーのリセット

ソルバーのリセットによって計算コストが発生するため、ソルバー プロファイラーはソルバーに自身のパラメーターをリセットさせるイベントを記録します。

ゼロクロッシング イベント

この例では硬い表面で跳ね返るボールをシミュレーションします。

ソルバーの例外イベント

この例は、2 つの同一の非線形バネによる減衰システムをシミュレーションします。

ヤコビアンのログ記録と解析

ソルバー プロファイラーは ode15s ソルバーと ode23t ソルバーに対してのみヤコビアンのログ記録と解析をサポートします。

代数ループ

代数ループの概念

シミュレーション中に代数ループが作成される方法について学習します。

モデル内の代数ループの識別

Simulink によってモデルに代数ループがあることが報告された場合、代数ループ ソルバーによってループを解くことができる可能性があります。

代数ループの削除

モデル内で不要な代数ループを回避する方法を学習します。

代数ループを使用したモデル化における考慮事項

不要な代数ループを回避するためのモデリング手法について学習します。

疑似代数ループ

Atomic Subsystem または Model ブロックによって Simulink が代数ループを検出する設定になっているときは、サブシステムの内容に入力から出力への直達が含まれていない場合であっても、"疑似代数ループ" が発生します。

注目の例