Main Content

[ソルバー] ペイン

[ソルバー] カテゴリには、モデルのソルバーを設定するためのパラメーターが含まれています。ソルバーは、指定された期間にわたる連続したタイム ステップで動的システムの状態を計算します。また、これらのパラメーターを使用してシミュレーションの開始時間と終了時間を指定します。

モデルがコンパイルされると、ソルバー情報ツールヒントに次の内容が表示されます。

  • コンパイルされたソルバー名

  • ステップ サイズ ([最大ステップ サイズ] または [固定ステップサイズ])

次の場合にモデルがコンパイルされると、ステータス バーにはコンパイルに使用されたソルバーとキャレット (^) が表示されます。

  • コンパイルの際に Simulink® によって別のソルバーが選択された。

  • ステップ サイズを auto に設定した。ソルバー情報ツールヒントには、Simulink によって計算されたステップ サイズが表示されます。

ソルバーの設定時には、次の点に注意してください。

  • シミュレーション時間とクロック時間は同じではありません。たとえば、10 秒間のシミュレーションを実行しても、通常は 10 秒かかりません。シミュレーション時間の合計は、モデルの複雑度、ソルバーのステップ サイズ、計算速度などの要因によって決まります。

  • S-Function または RSim ターゲットを使用する場合を除き、コード生成には [固定ステップ] ソルバー タイプが必要です。

  • [可変ステップ] ソルバー タイプは、状態が急速に変化するモデルまたは不連続性が含まれたモデルのシミュレーションにかかる時間を大幅に短縮できます。

パラメーター説明

開始時間

シミュレーションまたは生成コードの開始時間を、秒単位の倍精度値として指定します。

終了時間

シミュレーションまたは生成コードの終了時間を、秒単位の倍精度値として指定します。

タイプ

モデルをシミュレーションするために使用するソルバーのタイプを選択します。

ソルバー

シミュレーション時またはコード生成時にモデルの状態を計算するために使用するソルバーを選択します。

最大ステップ サイズ

ソルバーが受け入れることのできる最大のタイム ステップを指定します。

積分法

odeN ソルバーの積分の次数を指定します。

初期ステップ サイズ

ソルバーが受け入れる最初のタイム ステップのサイズを指定します。

最小ステップ サイズ

ソルバーが受け入れることのできる最小のタイム ステップを指定します。

相対許容誤差

許容可能な最大のソルバー誤差を、タイム ステップごとの状態のサイズとの相対値として指定します。相対誤差がこの許容誤差を超える場合、ソルバーはタイム ステップのサイズを縮小します。

絶対許容誤差

測定された状態の値がゼロに近づくにつれた、ソルバーの最大許容誤差を指定します。絶対誤差がこの許容誤差を超える場合、ソルバーはタイム ステップのサイズを縮小します。

形状の保存

各タイム ステップで微係数情報を使用して、積分の精度を改善します。

最大次数

ode15s ソルバーで使用される数値微分式 (NDF) の次数を選択します。

ソルバーのリセット メソッド

リセット時 (ゼロクロッシング検出時など) のソルバーの動作を選択します。

連続的な最小ステップ数

シミュレーション中の連続最小ステップ サイズ違反の許容最大回数を指定します。

ソルバーのヤコビ メソッド

陰的ソルバーのヤコビ行列を計算する方法を指定します。

Daessc モード

daessc ソルバーの性能を微調整します。

各離散レートを個別のタスクとして扱う

Simulink が周期的なサンプル時間をもつブロックを個別に実行するかグループで実行するかを指定します。

データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う

Simulink ソフトウェアが、異なるサンプルレートのブロック間に非表示の Rate Transition ブロックを自動的に挿入するかどうかを指定します。これにより、タスク間のデータ転送の整合性を確保し、オプションで周期的タスクに関連したデータ転送の確定性を確保します。

データ転送の確定性

Rate Transition ブロックの [確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)] パラメーターを自動挿入の Rate Transition ブロックに設定するかどうかを制御します。

優先順位の値が高いほどタスクの優先順位が高いことを示す

モデルのターゲットとなっているリアルタイム システムによって非同期データ転送の実行時にタスクに割り当てられる値が、タスクの優先順位が高いほど大きいか、または小さいかを指定します。

ゼロクロッシング コントロール

モデルのシミュレーション中のゼロクロッシング検出を有効にします。ほとんどのモデルの場合、これによってソルバーのタイム ステップを大きくできるため、シミュレーションが高速化します。

時間の許容誤差

ゼロクロッシング イベントを連続的とみなすためにイベント間が時間的にどの程度近くなければならないかを制御する、許容誤差係数を指定します。

連続するゼロクロッシングの数

連続的なゼロクロッシングが何件発生したら Simulink ソフトウェアによって警告またはエラーが表示されるかを指定します。

アルゴリズム

可変ステップ ソルバー使用時にゼロクロッシングを検出するアルゴリズムを指定します。

信号のしきい値

ゼロクロッシングの検出中に使用する不感帯領域を指定します。この領域内に入る信号は、零点を横切ったものと定義されます。

周期的なサンプル時間の制約

このモデルによって定義されたサンプル時間の制約を選択します。モデルがシミュレーション時にこれらの制約を満たしていない場合は、Simulink にエラー メッセージが表示されます。

固定ステップ サイズ (基本サンプル時間)

選択した固定ステップ ソルバーによって使用されるステップ サイズを指定します。

サンプル時間のプロパティ

このモデルによって使用されるサンプル時間の優先順位を指定して割り当てます。

外挿の次数

次のタイム ステップにおけるモデルの状態を現在のタイム ステップにおける状態に基づいて計算するために ode14x ソルバーによって使用される外挿次数を選択します。

ニュートンの反復回数

次のタイム ステップにおけるモデルの状態を現在のタイム ステップにおける状態に基づいて計算するために ode14x ソルバーによって使用されるニュートン法の反復数を指定します。

ターゲット上でのタスクの同時実行を許可

モデルの同時実行タスクの動作を有効にします。

絶対許容誤差を自動的にスケール

絶対許容誤差の自動適応の有効化

Allow multiple tasks to access inputs and outputs

レートベースのモデルにおける分岐入力多出力の有効化

Enable zero-crossing detection for fixed-step solver

固定ステップを使用したゼロクロッシング検出の有効化

Maximum number of bracketing iterations

ゼロクロッシングを特定するときに実行される囲い込みの最大反復回数を指定

Maximum number of zero-crossings per step

Simulink が 1 つの固定ステップに配置するゼロクロッシングの最大数を指定

Use local solver when referencing model

ローカル ソルバーを使用したモデル参照でのシミュレーションを高速化

次のコンフィギュレーション パラメーターは [詳細設定パラメーター] セクションにあります。

パラメーター説明

連続積分の分離を有効化

連続レートと離散レートの間の結合を削除します。

積分の最小のゼロクロッシングの影響を有効化

連続状態の積分へのゼロクロッシングの影響を最小化します。

関連するトピック