Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

タイプ

説明

モデルをシミュレーションするために使用するソルバーのタイプを選択します。

カテゴリ: ソルバー

設定

既定の設定: 可変ステップ

可変ステップ

ステップ サイズは、モデルのダイナミクスに応じてステップごとに変化します。可変ステップ ソルバーには次の特徴があります。

  • モデルの状態が急速に変化する場合は、精度を維持するためにステップ サイズを縮小します。

  • モデルの状態が徐々に変化する場合は、不要なステップを回避するためにステップ サイズを拡大します。

可変ステップは、状態が急速に変化するモデルや不連続性が含まれたモデルの場合に推奨されます。これらの場合、可変ステップ ソルバーは、固定ステップ ソルバーより少ないタイム ステップで同等の精度を実現できます。その結果、シミュレーション時間を大幅に短縮できます。

固定ステップ

ステップ サイズはシミュレーション全体を通じて変化しません。S-Function または RSim ターゲットを使用する場合を除き、固定ステップ ソルバーがコード生成に必要です。通常、低次のソルバーは高次のソルバーよりも計算量が少なくなります。ただし、精度が落ちることにもなります。

メモ

ソルバーは、次の時間を現在の時間とステップ サイズの合計として計算します。

依存関係

[可変ステップ] を選択すると、以下のパラメーターが有効になります。

  • ソルバー

  • 最大ステップ サイズ

  • 最小ステップ サイズ

  • 初期ステップ サイズ

  • 相対許容誤差

  • 絶対許容誤差

  • 形状の保存

  • 初期ステップ サイズ

  • 連続的な最小ステップ数

  • ゼロクロッシング コントロール

  • 時間の許容誤差

  • アルゴリズム

[固定ステップ] を選択すると、以下のパラメーターが有効になります。

  • ソルバー

  • 周期的なサンプル時間の制約

  • 固定ステップ サイズ (基本サンプル時間)

  • 各離散レートを個別のタスクとして扱う

  • 優先順位の値が高いほどタスクの優先順位が高いことを示す

  • データ転送に対するレート変換を自動的に取り扱う

コマンド ライン情報

パラメーター: SolverType
値: 'Variable-step' | 'Fixed-step'
既定の設定: 'Variable-step'

関連するトピック