ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション結果の表示

信号をスコープまたはスコープ ビューアーに接続して、Simulink® モデルのプロトタイプ作成、検証、デバッグを行う

Scope ブロックとスコープ ビューアーを使用すると、経時的なシミュレーション データをすばやく可視化することができます。モデルのプロトタイプを作成する場合、信号を Scope ブロックに接続し、モデルのシミュレーションを行ってから、Scope ウィンドウで結果を表示します。結果を使用して、設計を検証します。モデルをデバッグする必要がある場合は、スコープで利用可能なオシロスコープのようなツール (トリガーおよびカーソルの測定) を使用して問題を特定します。詳細は、スコープによるモデルのプロトタイプ作成とモデルのデバッグを参照してください。

ブロック

Scopeシミュレーション中に生成される信号を表示
Scope Viewer and Floating Scope信号線を使用せずにシミュレーション中に生成される信号を表示
XY GraphMATLAB の figure ウィンドウに信号の X-Y プロットを表示

オブジェクト

Scope ConfigurationScope ブロックの外観と動作を制御

トピック

一般的な Scope ブロックの相互作用

ログ データ、スコープ イメージの共有、および表示操作を含む一般的なスコープ タスクの手順

フローティング スコープおよびスコープ ビューアー タスク

頻繁に実行する Floating Scope ブロックおよびスコープ ビューアー タスクの手順

プログラムによる Scope ブロックの制御

スクリプトのプログラミングによって Scope を制御する。

シミュレーション データの可視化方法の決定

出力ディレクトリの表示方法を説明する。

Scope ブロックとスコープ ビューアーの概要

シミュレーション結果をグラフィックス表示する方法に関する選択肢

スコープによるモデルのプロトタイプ作成とモデルのデバッグ

スコープを使用したデータの可視化

信号とスコープのマネージャー

信号とスコープのマネージャーについて説明する