ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

影響解析の実行

影響解析について

プロジェクトでは、影響解析を使用して特定のファイルの変更による影響を発見することができます。依存関係を視覚的に調査して、プロジェクトの構造を調べます。選択したファイルまたは変更されたファイルを解析し、必要なファイルおよび影響を受けるファイルを発見します。影響解析では、変更を行う前に、他のファイルに対する変更の影響を確認できます。たとえば、次のようなことができます。

  • 要件ドキュメントにリンクされている設計ファイルを検索することによって、要件に対する変更の潜在的な影響を調べます。

  • 変更をコミットする前に、変更されたファイルの上流および下流の依存関係を検索することにより、変更セットの影響を調べます。これらの依存関係の検索は、変更が必要な設計ファイルとテスト ファイルの識別や実行する必要のあるテストの発見に役立ちます。

依存関係の解析を行った後、ファイルを開くかラベルを付けて、結果をワークスペース変数、イメージまたは再読み込み可能なファイルとしてエクスポートするか、カスタム タスク処理用にファイルを送信できます。結果をエクスポートすると、影響解析の結果をさらに処理またはアーカイブできます。エクスポートしたファイルのリストを、変更の影響を説明するレポートまたはアーティファクトに追加できます。

ヒント

ファイルレベルの影響解析を実行して変更されたファイルによって影響を受けるテストを検索および実行する方法の例は、プロジェクトによる影響解析の実行を参照してください。

依存性解析の実行

依存関係を調査するには、プロジェクトで依存関係の解析を実行します。

  1. プロジェクトの [表示] ペインで、[依存関係の解析] を選択します。外部ツールボックスの依存関係を解析する場合は、[オプション][外部ツールボックスの解析] を選択します。

  2. [解析] をクリックします。

    プロジェクトで解析されたすべての依存関係の構造が [影響ビュー] グラフに表示されます。解析対象ファイルの検出可能な依存関係ではないプロジェクト ファイルはグラフに表示されません。

プロジェクトの最初の依存関係の解析を実行した後、再度 [解析] をクリックすると増分更新が実行されます。外部ツールボックスで変更内容を解析する場合は、増分更新オプションをオフにします。

依存関係の解析を実行すると、[影響ビュー] に以下が表示されます。

  • モデル、ライブラリ、関数、データ ファイルおよびソース ファイルと派生ファイルなどのファイルが互いにどのように関係しているかを表示する、プロジェクトの構造とそのファイルの依存関係のグラフ。

  • 必要な製品とツールボックス。

  • ソース ファイルと派生ファイル間 (.m ファイルと .p ファイル、.slx.slxp.ssc.sscp.c ファイルと .mex ファイルなど) および C/C++ ソース ファイルとヘッダー ファイル間の関係。各モデルによって生成されるコードを確認し、モデルを変更すると再生成が必要になるコードを特定します。

  • 不足しているファイル、プロジェクトに存在しないファイル、未保存の変更、期限の切れた派生ファイルなど、問題のあるファイルに関する警告。

次のステップについては、以下を参照してください。

ヒント

サンプル ファイルで依存関係の解析を試みる方法の詳細については、プロジェクトによる影響解析の実行を参照してください。

必要なツールボックスの特定

プロジェクトで依存関係の解析を実行すると、[影響ビュー] にプロジェクト全体または選択したファイルに必要なツールボックスが表示されます。新しいチーム メンバーがプロジェクトを使用するためにはどの製品が必要か、またはどのファイルが製品の依存関係を生み出しているかを確認できます。

  1. 依存関係の解析を実行した後、右側のペインにリストされるプロジェクト全体に必要な製品を表示します。

  2. 製品の依存関係を生み出しているファイルを特定するには、製品名の上にカーソルを合わせて、[使用状況の検索] をクリックします。

    グラフが更新され、選択した製品を使用しているファイルのみが表示されます。

    完全なプロジェクト ビューに戻るには、矢印をクリックすることでフィルターを元に戻して前のビューに戻ります。あるいは、検索ボックスでフィルターをクリアします (["productname" の使用状況] など)。

  3. 選択したファイルで必要な製品を表示するには、グラフまたは凡例をクリックして一部のファイルを選択します。

必要な製品が見つからない場合、製品リストで [見つかりません] というラベルが付けられます。依存関係結果のチェックおよび問題の解決を参照してください。

選択したファイルの依存関係の特定

依存関係の解析の後に特定のファイルの影響を確認するには、[影響ビュー] でコンテキスト メニューを使用するか、[依存関係の解析] タブの [表示] および [影響解析] セクションでコントロールを使用します。特定のファイルの依存関係を調査することで、グラフを簡略化できます。

  1. 次のいずれかの方法で、調査するファイルを選択します。

    • グラフでファイルを選択するか、凡例をクリックしてファイルのグループを選択します。たとえば、[ファイル タイプ] 凡例で [Simulink モデル] をクリックして、すべてのモデル ファイルを選択します。ツールストリップの [表示] セクションで [グループ化] メニューを使用して凡例を変更し、たとえば問題の種類、ステータスまたはラベルを表示します。

    • 変更済みファイル、問題のあるファイルまたは外部ファイルを選択するには、ツールストリップの [影響解析] セクションで [選択] メニューを使用します。

  2. 依存関係を検出するには、選択したファイルを右クリックし、コンテキスト メニューを使用します。[すべての依存関係の検索][影響を受けたファイルの検索]、または [必要なファイルの検索] を選択します。

    あるいは、ファイルを選択してから [依存関係の解析] タブを使用します。[影響解析] セクションの [検索] を選択して、表示する依存関係の範囲を指定します ([選択のすべての依存関係][選択によって影響を受けるファイル] または [選択で必要とされるファイル])。

    選択したファイルとそのファイルの依存関係がグラフに表示されます。

    ヒント

    グラフをリセットしてプロジェクトで解析されたすべての依存関係を表示するには、[依存関係の解析] タブの [影響解析] セクションで [検索][すべてのファイル] を選択します。あるいは、ファイルをフィルターしている場合は、矢印をクリックすることでフィルターを元に戻して前のビューに戻ります。

  3. 依存関係のあるブロックを表示するには、ファイル名の横にある矢印をクリックし、グラフ内で個々のファイルを展開します。

    [影響] グラフは依存ファイルを展開します。依存関係のあるサブシステムを表示できます。依存ブロック、モデル、ライブラリ、ライブラリ ブロックおよび要件を表示できます。

    モデル内の依存ブロックを強調表示するには、展開されたファイル内のブロック名をダブルクリックします。

    グラフ内のすべてのファイルを展開するには、[表示] セクションで [すべて展開] をクリックします。

  4. あるライブラリ内の 1 ブロック、または 1 つの要件について、影響を受けるファイルを特定できます。ブロック レベルまたは要件レベルにおける特定の上流または下流の依存関係を特定するには、ブロックまたは要件を右クリックして、コンテキスト メニューを使用します。[すべての依存関係の検索][影響を受けたファイルの検索]、または [必要なファイルの検索] を選択します。

  5. 変更されたファイルの変更内容を調べるには、右クリックして [上位と比較] または [リビジョンと比較] を選択します。リビジョンの比較を参照してください。

  6. 大規模なプロジェクトでは、テーブルで結果を表示すると扱いやすいでしょう。[影響ビュー] をクリックして [テーブル ビュー] に切り替えます。[テーブル ビュー] における問題のあるファイルの調査を参照してください。

ファイルの依存関係の選択、編集およびエクスポート

ファイルのグループを強調表示または選択するには、次を行います。

  • 凡例項目をクリックし、そのタイプのすべてのファイルを選択します。たとえば、すべてのモデル ファイルを選択するには、[ファイル タイプ] の凡例で [Simulink モデル] をクリックします。選択したファイルが青いボックスに表示されます。

  • 凡例を選択するには、[依存関係の解析] タブの [表示] セクションで、[グループ化] コントロールを使用します。ファイル タイプ、プロジェクト ステータス、ソース管理ステータス、ラベル、プロジェクトおよび問題の種類などのカテゴリを選択します。グラフ内のファイルが色付けされ、各ファイルの凡例カテゴリが示されます。

    以下に例を示します。

    • プロジェクトがソース管理下にある場合は、[グループ化][SVN] (または [Git]) を選択して変更されたファイルを表示します。

    • プロジェクトと参照プロジェクトのどちらにファイルがあるのかを特定するには、[グループ化][プロジェクト] を選択します。

ファイル操作を実行するには、以下を実行します。

  • 問題のあるファイルを解決するアクションを実行します。たとえば、問題のあるファイルを右クリックして、[プロジェクトに追加] または [外部ファイルの追加] を選択します。問題のあるファイルの解決についてのアドバイスは、依存関係結果のチェックおよび問題の解決を参照してください。

  • ファイルにカーソルを合わせて、任意のズーム レベルでツールヒントのファイル名を読み取ります。ダブルクリックしてファイルを開きます。ファイル名の横にある矢印をクリックして、グラフ内のファイルを展開したり折りたたんだりします。展開されたファイル内の依存ブロックを表示し、特定の依存ブロックをダブルクリックしてモデル内で強調表示します。

  • グラフ内のファイルを右クリックし、[開く] [比較] または [ソース管理] 操作などのコマンドを使用します。

    複数のファイルにファイル操作を実行することもできます。ビューを現在選択されているファイルに合わせるには、F キーを押します。

  • [エクスポート] メニューを使用して選択したファイルをエクスポートします。ファイルまたは選択したファイルによるカスタム タスク ビューに切り替えるか、ワークスペース変数にファイル パスを送信できます。また、グラフ レイアウトを保存して再読み込みし、[名前を付けて保存] を使用してイメージ ファイルとしてグラフを保存することもできます。グラフ レイアウトは、プロジェクトとともに保存されます。依存関係の解析の結果の保存、表示および比較を参照してください。

    または、プログラムでグラフの情報を操作することもできます。スクリプトを使用した Simulink プロジェクト タスクの自動化を参照してください。

関連するトピック