ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

依存関係結果のチェックおよび問題の解決

Simulink® のプロジェクト ツリーで、[依存関係の解析] を選択します。まだ解析を実行していない場合は、[解析] をクリックします。依存関係の解析を実行した後、プロジェクト全体の [影響] グラフを [影響ビュー] で確認します。プロジェクトの依存関係の解析により、不足しているファイル、プロジェクトに存在しないファイル、未保存の変更および期限の切れた派生ファイルなどの問題が特定されます。[影響ビュー] または [テーブル ビュー] を使用して、問題のあるファイルを調べて問題を解決できます。

問題のあるファイルのみを表示するには、[影響ビュー] の右側のペインにある見出し [問題] の上にカーソルを合わせて [すべて検索] をクリックします。

問題メッセージ

説明

修正法

プロジェクト内に存在しません

ファイルはプロジェクト内にありません。

プロジェクトに追加します。

すべての必須ファイルをプロジェクトに追加する必要があるとは限りません。たとえば、プロジェクトに含まれているソース コードから生成される派生 S-Function バイナリ ファイルなどは除外できます。プロジェクトの派生ファイルの使用を参照してください。

問題リストからファイルを削除して、そのファイルをプロジェクトに追加しないようにする場合は、ファイルを右クリックして [外部ファイルの追加] を選択します。

プロジェクト ファイルが見つかりません。

ファイルはプロジェクト内にありますがディスク上に存在しません。

ファイルを作成するか、ソース管理を使用して復元します。

プロジェクトのルート外

ファイルがプロジェクト ルート フォルダーの外部にあります。

問題がなければ、ファイルを外部ファイルとして設定します。そうでない場合は、プロジェクト ルート下に移動します。

プロジェクト ルートの外にあるファイルがプロジェクト内で必要な場合は、ファイルをプロジェクト ルート内でコピーまたは移動し、プロジェクトおよびパスに追加します。元のファイルの場所をパスから削除します。

必須ファイルがプロジェクト ルートの外部にある場合、それらのファイルをプロジェクトに追加することはできません。ファイルがパス上にあり、プロジェクトの一部ではないユーティリティまたはリソースである場合、この依存関係は問題を示していない可能性があります。設計の依存関係を確実に理解するには、依存関係の解析を使用します。

参照されていないプロジェクト内に存在します

ファイルが現在のプロジェクトで参照されていないプロジェクト内にあります。

ファイルを含むプロジェクトをプロジェクト参照として追加します。

ファイルが見つかりません。

ファイルまたは変数が見つかりません。

このステータスを許容できる場合、ファイルを外部ファイルとして設定します。

変更が保存されていません

ファイルには、MATLAB® エディターまたは Simulink エディターに未保存の変更があります。

ファイルを保存します。

無効な派生ファイル

派生ファイルが派生元のソース ファイルより古いものです。

派生ファイルを再生成します。P ファイルの場合、プロジェクト チェックを実行することにより自動的に再生成できます。

[Simulink プロジェクト] タブで、[プロジェクトをチェック] をクリックし、指示に従ってファイルをリビルドします。

ソース ファイルの名前を変更すると、プロジェクトによって派生ファイルの影響が検出され、更新するよう求めるメッセージが表示されます。

不足している製品

プロジェクトは不足している製品に依存しています。

不足している製品をインストールしてモデルを修正します。

不足している製品からの組み込みブロックまたはライブラリ リンクが含まれるモデルを開くと、問題の修正に役立つラベルとリンクが表示されます。

  • ブロックに不足している製品のラベルが付いている ([SimEvents がインストールされていません。] など)

  • ツールヒントに不足している製品の名前が含まれる

  • メッセージに、アドオン エクスプローラーを開いて不足している製品をインストールするリンクが示される

アドオン エクスプローラーを開いて製品をインストールするリンクを見つけるには、次を行います。

  • 組み込みブロックの場合、診断ビューアーを開いて警告内のリンクをクリックします。

  • 関連付けられていないライブラリ リンクの場合、ブロックをダブルクリックして詳細を表示し、リンクをクリックします。

製品の依存関係はコールバックなどのその他のさまざまな方法で発生する可能性があり、その場合、不足している製品の参照元は簡単に確認できません。不足している製品をインストールしてモデルを修正します。

[影響ビュー] における問題のあるファイルの調査

[影響ビュー] を使用してプロジェクトの依存関係をグラフィカルに調査します。

  1. [影響ビュー] で、プロジェクト全体に対する問題のあるファイルを確認し、グラフの空白領域をクリックして任意のファイル選択をクリアします。右側のパネルにリストされる問題のある任意のファイルを表示します。

  2. 問題のあるファイルを使用しているファイルを表示するには、問題のあるファイルにカーソルを合わせて、[依存関係を検索] をクリックします。

    グラフが更新されて、問題のあるファイルとその依存関係のみ表示され、右のパネルに問題に関するメッセージが表示されます。

  3. 問題のあるファイルを解決するアクションを実行します。たとえば、ファイルを右クリックして [プロジェクトに追加] または [外部ファイルの追加] を選択します。

  4. 問題のあるファイルをクリックし、右側に表示されるパスを確認します。必要なファイルがプロジェクト ルート外であるかどうかを確認します。

  5. 参照元のコンポーネント (問題のあるファイルを参照するブロックまたは MATLAB コードの行など) を開いて、依存関係を調査または編集します。参照元のコンポーネントを開くには、グラフでファイルを展開し、リストで項目をダブルクリックします。

    MATLAB ファイルは MATLAB エディターで開き、Simulink モデルは参照元コンポーネント ブロックが強調表示された状態で Simulink エディターで開きます。

  6. 完全なプロジェクト ビューに戻るには、検索ボックスでフィルターをクリアします (["filename" の依存関係] など)。

[影響ビュー] でのその他の操作方法については、影響解析の実行を参照してください。

[テーブル ビュー] における問題のあるファイルの調査

  1. [テーブル ビュー] を選択し、[問題の説明] 列で並べ替えます。

  2. 問題リストで各ファイルをクリックします。

    選択されたファイルを使用しているファイルを表示するには、下部ペインを使用します。[直接影響を受けるファイル] を表示するか、[直接必要なファイル] に切り替えることができます。一度に複数のファイルや依存関係を選択して、それらすべての影響や要件を特定できます。

    選択したファイルについて、[問題の説明] 列のメッセージをチェックします。

  3. 依存関係テーブルで、依存ファイルの問題の説明およびプロジェクト ステータスをチェックします。

  4. 参照元コンポーネントを開いて編集するには、下のテーブルでファイルを右クリックし、[開く] を選択します。

  5. パスをチェックします。$ はプロジェクト ルートを示します。必要なファイルがプロジェクト ルート外であるかどうかを確認します。

  6. 問題リストからファイルを削除して、そのファイルをプロジェクトに追加しないようにする場合は、ファイルを右クリックして [外部ファイルの追加] を選択します。ファイルが問題リストから削除されます。次に依存関係の解析を実行するときには、このファイルは問題リストに表示されなくなります。

関連するトピック