ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

依存関係の解析の結果の保存、表示および比較

Simulink® プロジェクトで、依存関係の解析の結果を保存できます。解析を繰り返さなくても保存した結果は後で表示できます。名前を付けたファイルに結果を個別に保存して再読み込みすることもできます。

[依存関係の解析] タブの [ファイル] セクションから依存関係の解析の結果を保存、表示および比較します。

  • 結果を .graphml ファイルとして保存するには、[名前を付けて保存] をクリックしてファイルの名前と場所を選択します。

  • 保存した依存関係の解析の結果を開くには、[開く] をクリックします。

  • 結果を以前に保存した結果と比較するには、[保存済みファイルと比較] をクリックします。.graphml ファイルを選択します。比較レポートで差異を検証します。

モデル依存関係解析を使用して、より詳細な結果を含むレポートを保存できます。モデルまたはプロジェクトの依存関係解析の選択についての詳細は、依存性解析とはを参照してください。

影響グラフ結果のファイルまたはイメージへのエクスポート

影響解析の結果をエクスポートするには、[依存関係の解析] タブの [影響解析] セクションで、[エクスポート] コントロールを使用するか、選択したファイルの [エクスポート] コンテキスト メニューを使用します。

エクスポートするファイルの選択

現在のビューのすべてのファイルをエクスポートするには、どのファイルも選択されていないことを確認します (すべてのファイルの選択を解除するには、グラフの背景をクリックします)。[エクスポート] をクリックすると、[ビューのファイル: number of files] が表示されます。

グラフでエクスポートするファイルのサブセットを選択します。[エクスポート] をクリックすると、[選択されたファイル: number of files] が表示されます。

ファイルのエクスポート

  • 選択したファイル パスを変数に保存するには、[エクスポート][ワークスペースに保存] を選択します。

  • 選択したファイルで [カスタム タスク] ダイアログ ボックスを開くには、[エクスポート][カスタム タスクに送信] を選択します。

  • 選択したファイルが表示されている [ファイル] ビューに切り替えるには、[エクスポート][ファイル ビューに表示] を選択します。

イメージ ファイルへのグラフのエクスポート

[影響] グラフを画像ファイルとしてエクスポートして共有またはアーカイブするには、次のいずれかを実行できます。

  • イメージ ファイルを保存します。[依存関係の解析] タブの [ファイル] セクションで、[名前を付けて保存][イメージとして保存] を選択します。[保存] ダイアログ ボックスを使用して、名前、ファイルの種類、場所を指定します。既定のファイルの種類はイメージ スケールをサポートする SVG です。

  • キーボードを使用してイメージをクリップボードにコピーします。クリップボードの内容を他のドキュメンテーションに貼り付けることができます。

再読み込み可能な結果のエクスポート

Simulink プロジェクトに再読み込み可能な .graphml ファイルに影響結果をエクスポートするには、[名前を付けて保存] をクリックし、ファイル名と場所を選択します。

関連するトピック