最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

依存関係グラフの保存、表示および比較

プロジェクトまたはモデルの依存関係の解析結果は、.graphml ファイルとして保存できます。Simulink® では、解析を繰り返さなくても保存した結果を後で表示できます。名前を付けたファイルに結果を個別に保存して、再読み込みしたり比較したりすることもできます。

  • 依存関係の解析結果を .graphml ファイルとして保存するには、[依存関係アナライザー] ツールストリップで、[エクスポート][ファイルへエクスポート] を選択し、ファイル名と場所を選択します。

  • 保存済みの依存関係解析結果を開くには、関数 depview を使用してから、既定の表示を復元します。

    1. depview("myDepResults.graphml");

    2. 依存関係アナライザー ツールストリップの [ビュー] セクションで、[既定の設定に戻す] をクリックします。

  • 保存済みの 2 つのグラフを比較するには、[現在のフォルダー].graphml ファイルを右クリックし、[選択したファイル/フォルダーを比較] を選択します。

依存関係の結果のエクスポート

依存関係グラフに表示されているすべてのファイルをエクスポートするには、グラフの背景をクリックしてすべてのファイルの選択を解除します。次に、[依存関係アナライザー] ツールストリップで [エクスポート] をクリックします。利用可能なオプションから選択します。

  • ワークスペースにエクスポート — 選択したファイル パスを変数に保存します。

  • プロジェクトの [ファイル] ビューに表示 — ファイルが選択された状態で、プロジェクトの [ファイル] ビューに切り替えます。

  • カスタム タスクに送信 — 選択したファイルで [カスタム タスク] ダイアログ ボックスを開きます。

グラフでファイルのサブセットをエクスポートするには、ファイルを選択して [エクスポート] をクリックします。

  • [凡例] のチェック ボックス、フィルター処理された [ビュー] または [影響解析] ツールを使用してグラフを簡略化します。

  • 複数のファイルを選択するには、Shift キーを押したままファイルをクリックします。

  • フィルター処理されたグラフ内のすべてのファイルを選択するには、Ctrl+A を押します。

メモ

[ファイルにエクスポート] を使用すると、依存関係アナライザーは依存関係グラフ全体を .graphml ファイルとして保存します。フィルター処理したビューや選択したファイルは保存されません。

または、プログラムでグラフの情報を操作することもできます。スクリプトを使用した Simulink プロジェクト タスクの自動化を参照してください。

関連するトピック