Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロジェクトによる影響解析の実行

この例では、依存関係アナライザーを使用してファイルレベルの影響解析を実行する方法を説明します。プロジェクト構造の可視化、プロジェクト依存関係の解析、必要なツールボックスと製品の検索、問題の特定と修正、変更内容がその他のプロジェクト ファイルに与える影響の評価を行う方法を示します。

依存関係の解析は、ワークフローのどの時点でも実行できます。共同作業の環境では、通常は次の場合に依存関係をチェックします。

  • プロジェクトを最初に設定または確認する場合

  • テストを実行して設計変更を検証する場合

  • プロジェクトのバージョンをソース管理に送信する前

  • プロジェクトを共有またはパッケージ化する前

例のファイルを設定しプロジェクトを開く

プロジェクトの例のファイルの作業コピーを作成して開きます。MATLAB® により、ファイルがサンプル フォルダーにコピーされ、編集できるようになります。サンプル プロジェクトは Git™ ソース管理下に置かれます。

sldemo_slproject_airframe;
Building with 'MinGW64 Compiler (C)'.
MEX completed successfully.

プロジェクト構造と依存関係の可視化

プロジェクトのすべてのファイルに対して依存関係の解析を実行します。

1.[プロジェクト] タブで、[依存関係アナライザー] をクリックします。

依存関係グラフには次が表示されます。

  • モデル、ライブラリ、関数、データ ファイル、ソース ファイル、および派生ファイルなどのファイルが互いにどのように関係しているかを含む、プロジェクト構造とそのファイルの依存関係。グラフの各項目は 1 つのファイルを表し、各矢印は 1 つの依存関係を表します。

  • ソース ファイルと派生ファイル間の関係 (.m ファイルと .p ファイル、.slx ファイルと .slxp ファイル、.c ファイルと .mex ファイルなど)、および C/C++ ソース ファイルとヘッダー ファイル間

ファイルが選択されない場合、[プロパティ] ペインには次が表示されます。

  • プロジェクトの詳細

  • プロジェクト全体に必要な製品とツールボックス

  • プロジェクト全体の問題のリスト (不足しているファイル、プロジェクトに存在しないファイル、未保存の変更があるファイル、期限の切れた派生ファイルなど)

問題の調査と解決

依存関係アナライザーにより、不足しているファイル、プロジェクトに存在しないファイル、未保存の変更および期限の切れた派生ファイルなどの問題が特定されます。依存関係グラフまたはファイル リストを使用して問題のあるファイルを調べることができます。

グラフを使用して、問題のあるファイルを調査します。

2.[プロパティ] ペインの [問題] セクションで [プロジェクト外] にカーソルを合わせ、拡大鏡アイコン をクリックします。

グラフで特定の問題があるファイルが強調表示されます (この例では timesthree.mexw64)。

問題のあるファイルを解決するアクションを実行します。

3.timesthree.mexw64 を右クリックし、[プロジェクトに追加] を選択します。timesthree.mexw64 をプロジェクトに追加しないで問題リストから削除するには、右クリックして [警告を非表示] を選択します。

4.[解析] をクリックしてグラフと [問題] リストを更新します。

ヒント: 大規模なプロジェクトの場合は、[ファイル リスト] を使用してプロジェクトの問題のあるファイルを調査します。詳細については、ファイル リストでの問題のあるファイルの調査を参照してください。

修正ファイルの表示

5.vertical_channel.slx など、いずれかのモデルを開いて変更を加えます。

a. 依存関係グラフで、vertical_channel.slx をダブルクリックして開きます。

b. vertical_channel.slx 内でブロックを移動し、モデルを保存します。

[ビュー] ギャラリーを使用し、依存関係グラフで各ファイルのソース管理ステータスを表示します。

6.依存関係アナライザーのツールストリップで、[ビュー] ギャラリーを展開し、[ソース管理] をクリックします。

グラフの各項目の色が、そのソース管理ステータスを表すようになります。vertical_channel.slx に変更を加えたため、そのソース管理ステータスは [変更されました] です。

変更の影響の検索

[影響解析] ツールを使用して次を検索できます。

  • ファイルへの変更によって影響を受けたファイル

  • 正常に実行するためにファイルに必要なファイル

7.[影響解析] ツールを使用して、変更がその他のファイルに与える影響を評価します。

a. 依存関係グラフで、vertical_channel.slx など変更したファイルを選択します。

b. [影響解析] セクションで、[影響あり] をクリックします。

依存関係グラフではファイルがフィルター処理され、vertical_channel.slx に加えた変更の影響を受けたファイルのみが表示されます。

8.vertical_channel.slx への依存関係が f14_airframe.slx で発生した場所を探します。

a. f14_airframe.slx から vertical_channel.slx へのリンクを作成する依存関係の矢印を選択します。

b. [プロパティ] ペインで、[影響あり] の下のリンクをクリックします。Simulink® でモデル f14_airframe.slx が開き、Model ブロック vertical_channel が強調表示されます。

実行するテストの特定

プロジェクトによって分類ラベルは各プロジェクト ファイルに自動的に関連付けられます。これには [設計][アーティファクト][簡易][派生]、および [テスト] ラベルが含まれます。[テスト] ラベルはテストのファイルを識別します。追加の分類を作成してファイルにラベル付けできます。ファイルへのラベルの追加を参照してください。

9.実行する必要があるテストを決定し、vertical_channel.slx に加えた変更を検証します。

a. 依存関係グラフで各ファイルに関連付けられている分類ラベルを表示するには、[ビュー] ギャラリーを展開し、[分類] をクリックします。

vertical_channel.slx に加えた変更の影響を受けるファイルのみを表示する依存関係グラフが、ラベル [分類] で色分けされます。

b. 変更の影響を受けるテストを識別します。

グラフには、vertical_channel.slx に加えた変更の影響を受ける 2 つの [設計] ファイルと 1 つの [テスト] ファイルがあります。f14_airframe_test.m が、設計の変更を検証するために実行する必要があるテストです。

ヒント: すべてのフィルターをクリアしてプロジェクト内で解析済みのすべての依存関係を表示するようにグラフを復元するには、[既定の設定に戻す] をクリックします。または、グラフ上部に表示されているすべてのフィルターを手動で削除します。

結果のエクスポートおよびテストの実行

[エクスポート] メニューを使用して、ファイルを他のツールに送信できます。MATLAB は現在のフィルター処理されたビューで選択されているファイルのみをエクスポートします。選択されているファイルがない場合、MATLAB は現在のフィルター処理されたビューにあるすべてのファイルをエクスポートします。

10.選択したテストを実行し、設計の変更を検証します。

a. 実行するテストを選択します (この例の場合は、f14_airframe_test.m.)。

b. 依存関係ツールストリップの [エクスポート] セクションで、[エクスポート][カスタム タスクに送信] を選択します。

[カスタム タスク] ダイアログ ボックスで、影響解析からエクスポートされたテスト ファイル f14_airframe_test.m は既に選択されています。

c. [カスタム タスク] ダイアログ ボックスの [カスタム タスク] フィールドで、[runUnitTest] を選択して [タスクの実行] をクリックします。

[runUnitTest] カスタム タスクにより、選択した MATLAB 単体テストが実行され、概要レポートが作成されます。実行するテストを選択した後、[結果] セクションを調べます (この例では f14_airframe_test.m)。

  • 選択したファイル パスを変数に保存するには、[エクスポート][ワークスペースにエクスポート] を選択します。

  • 選択したファイルがあるプロジェクト [ファイル] ビューに切り替えるには、[エクスポート][プロジェクトの [ファイル] ビューに表示] を選択します。

参考

依存関係の解析の実行

影響解析の実行

依存関係結果のチェックおよび問題の解決