Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サブシステムの作成

モデル サイズが大きくなり、複雑さが増しても、複数のブロックをサブシステムとしてグループ化することでモデルを読みやすくすることができます。サブシステムを使用して次を行います。

  • 階層的なブロック線図を作成し、サブシステムを構成するブロックを Subsystem ブロックの層とは別の層に配置する。

  • 機能的に関連したブロックを 1 つに集約する。

  • モデル ウィンドウに表示されるブロック数を削減する。

サブシステムのコピーを作成すると、そのコピーは元のサブシステムには依存しません。1 つのモデル内または複数のモデル全体で使用されるサブシステムのコンテンツを再利用するには、モデル参照またはライブラリのいずれかを使用します。

サブシステムは以下の方法で作成できます。

  • Subsystem ブロックをモデルに追加した後、そのブロックを開いてサブシステム ウィンドウにブロックを追加する。

  • ブロックを選択し、それらをサブシステムで囲む。

  • モデルをサブシステムにコピーする。Simulink® エディターで、モデルをサブシステム ウィンドウにコピーして貼り付けるか、Simulink.BlockDiagram.copyContentsToSubsystem を使用してください。

  • 既存の Subsystem ブロックをモデルにコピーする。

Subsystem ブロックの作成

Subsystem ブロックをモデルに追加した後、そのサブシステムを構成するブロックを追加します。

  1. Ports & Subsystems ライブラリから Subsystem ブロックを作成します。

  2. ブロックをダブルクリックして開きます。

  3. 空のサブシステム ウィンドウで、サブシステムの内容を作成します。Inport ブロックを使用して、サブシステムの外部からの入力を表し、Outport ブロックを使用して外部出力を表します。

    たとえば、このサブシステムには、Sum ブロックと、サブシステムからの入出力を表す Inport ブロックと Outport ブロックがあります。

    サブシステム ウィンドウを閉じると、Subsystem ブロックには各 Inport ブロックおよび Outport ブロック用の端子が含まれます。

Subsystem ブロックの端をクリックするか、別のブロックから Subsystem ブロックの端にドラッグすることで、入力端子と出力端子を作成することもできます。端子がブロックに表示され、対応する入力または出力ブロックがサブシステム内に追加されます。

選択によるサブシステムの作成

  1. 作成するサブシステムの外枠にボックスをドラッグします。

    ブロックが選択された状態または選択なしで操作バーを使用し、サブシステムを作成できます。モデルの 1 つの領域にある複数のブロックを選択するには、サブシステムに含めるブロックと接続線を囲むようにボックスをドラッグします。

  2. 操作バーから、作成するサブシステムを選択します。

    選択にブロックが含まれる場合、バーチャル サブシステム、Enabled Subsystem、Triggered Subsystem および Function-Call Subsystem を作成できます。

サブシステムを作成すると Subsystem ブロックの入力端子と出力端子を表すサブシステム内に Inport ブロックと Outport ブロックが追加されます。

他のすべてのブロックと同じ方法で Subsystem ブロックの名前の変更やブロックの変更を行うことができます。たとえば、サブシステムをマスクすることができます。

関連する例

詳細