ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

対話型のモデル編集

ブロックと信号線によるブロック線図モデルの作成

モデルの作成および Simulink® 編集環境で生産性を上げるために必要な基礎について学習します。

Simulink エディターでのモデルの構築と編集では、ソフトウェアを開始してブロック線図を作成するところから、シミュレーションと結果の表示まで、モデル化プロセスのすべてについて説明します。モデルを短時間で作成するためのヒントやショートカットについて学習します。

モデルの要素では、Simulink についてさらに学習して使いこなすための基礎となる概念や用語を紹介します。

トピック

モデルのビルドと編集

Simulink を起動する

Simulink モデルを作成するために、Simulink スタート ページ、Simulink エディターおよびライブラリ ブラウザーを使用します。

モデルを作成して開く

Simulink スタート ページを使用したモデル テンプレートの選択、最近使用したモデルを開いたり、例の検索を行います。

モデル編集環境

Simulink エディターとライブラリ ブラウザーを使用したモデルの作成およびモデル プロパティの設定について説明します。

モデルの要素

ブロック、信号、パラメーター、プロパティなどのモデルの基本要素について説明します。

Simulink でのモデル化用のキーボード操作とマウス操作

キーボード コマンドとマウス操作を使用して Simulink エディターの対話操作を行います。

Simulink エディターでのモデルの構築と編集

Simulink エディターを使用したモデルの組み立ておよび編集のヒントの学習。

視覚的表現の調整によるモデルの可読性の向上

ブロックの反転と回転、フォントの変更、色の使用、領域のボックス化とラベル付け、ブロック名の表示と非表示の切り替え。

Simulink モデル内のモデル要素の検索

さまざまなアプローチを使用して、モデルの複雑度や目的に基づいてモデル要素を検索します。

ブロック線図の更新とシミュレーションの実行

ブロック線図の更新は、モデルに加えた最新の変更結果をシミュレーションに提供します。

モデル エクスプローラーを使用した検索と編集

モデル要素の検索と変更およびビューのカスタマイズを行うモデル エクスプローラーのコントロールの説明。

ビューマークを使用したモデルの表示の保存

モデルのビューにブックマークを付けて、後でモデルのその部分にすぐに移動できるようにします。

モデル レイヤーのメモの追加または読み取り

各システムのテキストまたは Web サイトのコンテンツでモデルを説明する。

注釈を使用してモデルを説明する

モデルを他の人に分かりやすくするため、説明テキスト、画像、またはアクション (リンクを開くなど) を実行するボタンなどの視覚要素を追加します。

注釈の表示または非表示

注釈をマークアップに変換することで、注釈の表示/非表示を制御できます。

注釈コールバックの追加

注釈の読み込み時、削除時、クリック時用にコールバックを注釈に関連付けます。

Simulink モデル注釈で使用できる TeX

これらの TeX コマンドが注釈でサポートされています。

Simulink 設定の [一般] ペイン

ウィンドウの再使用、ファイルの変更と古いバージョンの通知、自動保存、およびコールバックの追跡を制御するパラメーター。

Simulink 設定エディター ペイン

Simulink エディターを制御するパラメーター

モデル ファイル

モデルの保存

モデルの保存、有効なモデル名、ファイル形式、文字エンコードの指定。別のバージョンの Simulink へのエクスポートについて説明します。

モデルからテンプレートを作成する

カスタマイズした設定 (コンフィギュレーション設定、ブロック、および視覚的表現など) を新しいモデルで再利用するためのテンプレートを作成します。

モデル バージョンの管理とモデル プロパティの指定

モデルのバージョン情報、履歴、コールバック関数、モデルの説明を表示、編集します。

モデルの共有

モデル ブロック線図の印刷

印刷ジョブをカスタマイズする多くのオプションを使用して、モデルのブロック線図を対話形式またはプログラムで印刷できます。

モデル レポートの出力

モデル レポートは、モデルの構造および内容を記述した HTML ドキュメントです。

モデル依存関係の解析

1 つのモデルに必要なファイルを特定し、マニフェストとレポートを作成して、ファイルとツールボックスの依存関係をプログラムで確認し、必要なファイルをパッケージ化します。